杉浦太陽、東京五輪の競技会場でラフティングに挑戦「えらいことになりましたw」

AbemaTIMES

2019/7/12 18:08

 俳優の杉浦太陽が11日に更新した自身のアメブロで、番組のロケで東京オリンピック・パラリンピックの競技会場を訪れたことを明かした。


杉浦太陽公式ブログよりスクリーンショット

 この日、杉浦は「今日はロケで、海の森水上競技場にやって来ました!!!!」と嬉しそうに報告し「うぉ~~、広いっ! 全長2000メートルの水上競技場 観客席に座ってみました」と観客席からの写真を公開。

続けて「フィニッシュタワーからの、運命のゴールライン!!選手目線の高さ! 本当に貴重な体験です!!」と興奮している様子で述べ「ワクワクが止まりませんっ 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの会場が盛り上がってるのが目に見えるっ 来年が待ち遠しいです」とつづった。

さらに、「続いてのオリンピック施設、カヌー・スラロームセンター!!!」を訪れたことを報告し、「激流のコースで、7月いっぱいの平日は、一般の方でもラフティング出来るんだって」と説明し「さっそく…ラフティング挑戦!!!」と自身の写真を公開。

続けて「水に慣れてから、いざチャレンジ」と写真を複数公開し、「激しいけど、楽しいっ 何より、選手と同じコースを体験出来る嬉しさ」と喜びをつづるも「水に落ちました…」と落水した写真も公開。

また「激しい流れに流されて…流され…えらいことになりましたwww何回か沈みましたがwww」と述べるも「安全性はバッチリチェックされてるそうなので、皆さんも是非チャレンジしてみて下さい!!!!」と呼びかけ「オリンピックが終わった後も、この施設が使えるようになるのが楽しみです」と期待をつづった。

▶︎しみけんの特殊性癖に驚愕…はあちゅう「私は食べたことない」

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ