溝端淳平、瀧本美織は「太陽のような方」 『仮面同窓会』撮影終了


俳優の溝端淳平と女優の瀧本美織がこのほど、東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『仮面同窓会』(毎週土曜23:40~)のクランクアップを迎えた。

あらためて今作を振り返った溝端は「今までにあまり経験したことのない作品性と役柄だったので、とても楽しく演じることが出来ました。毎回掘り下げる要素や、新しい発見もあり、自分でも毎日役と向き合いながら演じることができたのでとても充実していました」と感想。

滝本に対しては「本当に太陽のような方。現場でも女神のような存在でした。役を全て心で感じてお芝居をされる方なので、僕もいろいろと気づきをもらうことができました。僕の芝居を受け止めてしっかりと返してくださる瀧本さんだったからこそ、さらに(僕の芝居が)膨らんでいくことができたのだと思います」と感謝した。

その瀧本は「2カ月というとても濃い時間を過ごさせていただきました。毎日が本当に新鮮で、この現場で初めて経験させていただくこともたくさんあったので楽しかったです。監督の作品づくりに対する想いを間近で感じ、改めて純粋な気持ちが大事だと気づかされ、とても勉強になりました」と充実の様子。

溝端については「ありがたくも溝端さんにツッコまれてばかりで、漫才のようだとみんなに言われていました(笑)。溝端さんは率先して現場を盛り上げてくださっていたので、そこはやっぱり頼もしい座長で、いつも元気にみんなを引っ張ってくださる素敵な方でした」と評した。

ほかにも佐野岳、木村了、廣瀬智紀という共演陣が続々クランクアップ。佐野は「視聴者の皆さん全員に嫌われるぐらいの雰囲気を出せればと思い全力でやらせていただきました」、木村は「本当に楽しい現場でした。同年代ばかりの和気あいあいしたところに久しぶりにいた気がします」、廣瀬は「八真人という役がとても人間の本質みたいなものを表していた気がします。人間にはやはり表と裏があって、どこか自分にもシンクロする部分があったかもしれないです」と、それぞれ振り返っていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ