公園に捨てられた大人のゴミ。子どもが取った行動がすごく誇らしかった【泣いて! 笑って! グラハムコソダテ Vol.30】

こんにちは! 5歳3歳の兄妹を育てているグラハム子です。子どもが歩き始めてからは、ほぼ毎日のように公園に行っている気がします。

今は2人とも幼稚園生のわが家ですが、子どもたちが今よりもう少し小さいころは、公園に行くとちょっと困ったことがありました。それは…

■子どもにとってはゴミも魅力的?

誰かが口付けたものを間違って子どもが口付けてしまったら…

親にとってはただのゴミでも、子どもにとっては未知なる魅力的な物体なのでしょう。とにかく何でもすぐ拾ってしまいました。

ゴミ箱のある公園なら私が拾ってササッと捨てれば良い話なんですが、うちが普段行く公園にはゴミ箱が設置しておらず。どうしていいのかわかりませんでした。

子どもが生まれる前は公園のゴミなど、正直あまり気にしていませんでした。よく見ると、結構落ちてるものなんですね…。

公園で落ちているゴミベスト3(グラハム子調べ)

昔からポイ捨てはダメということはわかっていたけれど、子どもが生まれてからは、あらためてポイ捨ての悪さをひしひし感じるのでありました。

■みんなが使う公園をきれいに
ある日、たまたま公園に、お菓子をビニールに入れて持って行ったことがあります。お菓子を食べて、自分たちのゴミをビニールに入れて帰ろうとしたら、

誰かが捨てたゴミを拾ってくれた子ども

息子が自分たちの出したゴミじゃないものまで拾ってくれました。

ポイ捨てはしない大人になって欲しい

その心がうれしくて、たくさん褒めました。子どもたちには、大きくなってもポイ捨てをしない大人になってほしいです。

自分が子育てをしてみて、はじめてわかることってたくさんありますね。
(グラハム子)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ