実写『ライオン・キング』日本語吹替版予告で江口洋介、佐藤二朗、ミキ亜生の声色が明らかに 大和田伸也の“続投”も決定 

SPICE

2019/7/12 13:45


8月9日公開の実写映画『ライオン・キング』日本語吹替版ボイスキャストとして、大和田伸也、沢城みゆき、加瀬康之が出演することがわかった。あわせて、日本語吹替版予告も解禁されている。

『ライオン・キング』は、1994年にアニメーション長編映画が公開された、ディズニーの作品。動物たちの王ライオンのムファサの息子・シンバが、新たな王となるまでを描く物語だ。同アニメーション映画は、ディズニー・アニメ史上No.1の全世界観客動員数を誇り、全世界興行収入でも『アナと雪の女王』『トイ・ストーリー3』についで史上3番目の数字を残している。また、第67回アカデミー賞では、最優秀主題歌賞、最優秀オリジナル作曲賞に輝いている。さらに、ミュージカル版『ライオン・キング』は累計62億ドル(約6,700億円)を稼ぎ出し、劇団四季の『ライオンキング』も日本演劇史上No.1の観客動員数を記録するなど、様々なメディアで親しまれている。

実写映画『ライオン・キング』でメガホンをとるのは、『アイアンマン』シリーズなどで知られるジョン・ファヴロー監督。主人公シンバの声を、歌手・ラッパーのチャイルディッシュ・ガンビーノ(Childish Gambino)としても活躍し、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』などへの出演で知られるドナルド・グローヴァーが担当するほか、幼なじみのナラ役でビヨンセ(Beyonce)が出演。“プレミアム吹替版”を銘打つ日本語吹替版では、シンバ役を賀来賢人、スカー役を江口洋介、プンバァ役を佐藤二朗、ティモン役をミキ亜生、ナラ役を門山葉子が務めることが発表されていた。
(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

新たにボイスキャストとして発表された大和田は、シンバの父親にして王であるムファサ役を演じる。大和田は、1994年のアニメーション版『ライオン・キング』でも同役を演じており、25年を経ての“続投。「丘の上で息子シンバに語りかける父ムファサの姿は、私自身と重なり、一心同体になったように感じていました。今回”超実写版“で改めてムファサを演じることになり『やったー!』と胸躍らせました。新たな魅力、感動を載せて頑張ります」「父親が息子を送りだす気持ち、決意を込めて、崇高な想いで演じさせていただきました」とコメントも寄せている。

沢城は、本作で新しく登場するキャラクターで、スカーと手を組むハイエナ達のリーダー・シェンジを演じる。加瀬は、シェンジの仲間であるハイエナ・カマリ役で声の出演。


解禁された予告編では、俳優・江口洋介が演じるシンバの叔父・スカーの声や、俳優・佐藤二朗とお笑い芸人・亜生(ミキ)がプンバァ&ティモンとして歌うシーンも収められている。

『ライオン・キング』は8月9日(金)全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ