新しい恋に夢中になれないのはなぜ? 今の彼と向き合えない5つの理由




彼氏ができてうれしいはずなのに、夢中になれない、物足りないと感じると彼と向き合えなくなりますよね。彼のことは好きだと思えているにもかかわらず、なぜ今の恋に真剣になれないのでしょうか? そこには乙女でも頭を抱える難しい乙女心があるのかもしれません。そこで今回は、好きなのに彼と向き合えない理由をいくつかご紹介します。

前の彼ほど熱量がない

今の彼が好きでも、元彼のことが好きすぎてそのときほどの情熱を持てないときは、物足りなさを感じてしまうかもしれません。デート中もあらゆる場面で元彼と比べてしまい、「元彼だったらこうしてくれたのにな」と、考えてしまっていませんか? 元彼のほうが自分と合っていたことが、今の恋と向き合えない原因になっているんですね。

恋よりも夢中になっているものがある



恋もしたいけど仕事も楽しい。友人とワイワイしているほうが恋をしているよりも楽しい。このように、恋よりも夢中になれるものがそばにあると恋に対して向き合う気持ちが薄れてしまうかも。彼のことを好きでも彼との予定を後回しにしてしまったり、連絡を疎かにしてしまったり、今のあなたは両立させる意欲を失っているのかもしれません。

好きだと錯覚しているだけ

今の彼に好きだと言われて、“いい人”を“好きな人”だと錯覚してしまっている可能性があります。告白はフラれてからが勝負といいますが、これは告白によって相手を意識し始めるからですよね。好きだと言われたことで彼を気にし始めて、“好き”まで気持ちが追い付いていないのに好きだと錯覚しているんです。

彼が向き合おうとしてくれない



今の彼があなたと向き合おうとしないことで、こちらも向き合う気持ちになれないパターンも考えられます。お互いが向き合おうとしなければ向き合えないですし、あなたが好きな気持ちをしっかり持っているのに、彼がそうでなければ一方通行になりますよね。結果的にはこちらも夢中にはなりにくいものです。

好きな部分より嫌いな部分が多い

彼の好きな部分より嫌いな部分の方が多くて、彼を好きだと思えなくなっていませんか? 嫌いなところ1つに対して好きなところが3つあると釣り合う”言われているほど、“嫌い”が多いと“好き”とのバランスは取りにくくなるのです。このままどんどん嫌いなところのほうが目につくようになると、これから先マイナスな気持ちのまま付き合うことになるかもしれません。

まとめ

様々なことが立ちはだかっているせいで、夢中になれるところまで到達できていないんですね。恋は幸せだと感じられないとお互いに苦しくなってしまいます。少し落ち着いて状況を整理してみると、この恋の着地点が見つかるかもしれません。まずは彼と向き合う以前に、自分の気持ちと向き合ってみてくださいね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ