綾野剛×杉咲花×佐藤浩市『楽園』、第2弾ポスター&特報到着

クランクイン!

2019/7/12 07:00

 俳優の綾野剛が主演を務め、女優の杉咲花や俳優の佐藤浩市が共演する映画『楽園』より、綾野、杉咲、佐藤の3人がそれぞれ鬼気迫る演技を見せる特報が、第2弾ポスターと共に解禁された。

【写真】映画『楽園』出演者&原作書影

本作は、作家・吉田修一の短編集『犯罪小説集』から2つの短編を組み合わせて瀬々敬久監督が映画化。未解決の幼女誘拐事件を発端に、被害者の親友だった少女、容疑者の青年、限界集落で暮らす男、それぞれの人生が交錯していく様をつづるヒューマンサスペンスとなっている。綾野や杉咲、佐藤に加え、柄本明、村上虹郎らが出演する。

豪士(綾野)はリサイクル品を販売しながら孤独な日々を過ごしていた。ある夏の日、青田に囲まれたY字路で幼女誘拐事件が起こった。犯人は見つからず、事件直前まで被害者と一緒にいた紡(杉咲)は心に深い傷を負う。12年後、祭りの準備で豪士と出会った紡は、孤独な豪士に対してある感情を抱く。そして祭りの日、12年前と同じY字路で再び少女が行方不明となる。犯人の疑いをかけられた豪士は、驚きの行動に出るのだった―。それから1年後、Y字路に続く限界集落に暮らす養蜂家の善次郎(佐藤)は、村おこしの計画をめぐって村人たちの怒りを買う。村八分に遭った善次郎は狂気に陥り、それが恐るべき事件へと発展する。

特報映像では、「助けて下さい」と必死に何かから逃れようとする綾野、「なんで俺だけ生きているんだ」と絶望に打ちひしがれる佐藤、「皆が殺したんだ」と泣き叫ぶ杉咲の、それぞれ鬼気迫る演技が映し出される。彼らのせりふと二つの事件―少女失踪事件、連続殺傷事件の関連性とは…。映像は「信じた人は殺人犯なのか―」という意味深長な言葉で締めくくられる。

同時に解禁された第2弾ポスターでは、綾野ら3人のいずれもうつろな表情と、まるで“楽園”のように淡い光の指すY字路、そこに特報でも印象的な「信じた人は殺人犯なのか―」という強烈な言葉が添えられ、本作の緊張感がにじみ出るデザインとなっている。

映画『楽園』は10月18日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ