「ペルソナ5」猪野広樹の主演で舞台化決定 大阪・東京で12月上演

アニメハック

2019/7/11 12:00

舞台「ペルソナ5」ビジュアル
舞台「ペルソナ5」ビジュアル
(C)ATLUS (C)SEGA (C)SEGA/PERSONA5 the Stage Project
 人気ゲーム「ペルソナ5」の舞台化が決定し、大阪メルパルクホールで12月13~15日、天王洲銀河劇場で12月19~29日に上演されることがわかった。猪野広樹が主演を務め、舞台「メサイア」シリーズの演出や「ダンガンロンパ3 THE STAGE 2018 ~The End of 希望ヶ峰学園~」の脚本・演出として知られる西森英行が脚本・演出を担当する。

2016年に発売された原作ゲームは、心の中に眠る別人格が、神や悪魔の姿となって実体化する“ペルソナ能力”に目覚めた高校生たちが仲間と協力しながら困難に立ち向かうバトルアクションで、テレビアニメ化やコミカライズもされている。

キャストは、主人公役の猪野をはじめ、坂本竜司役を塩田康平、高巻杏役を御寺ゆき、明智吾郎役を佐々木喜英、喜多川祐介役を小南光司が演じ、新島冴役を茉莉邑薫、三島由輝役を糠信泰州、鈴井志帆役を早乙女ゆう、校長役を山岸拓生、鴨志田卓役を高木俊が担当する。このほど公開されたビジュアルには、腐った大人たちを改心させ、悪しき欲望から人々を救う“心の怪盗”となった主人公の姿が配されている

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ