南沙良、工藤遥らがJUDY AND MARYの名曲『Over Drive』をカバー 「午後の紅茶」CMでバンドを結成

GirlsNews

2019/7/10 20:00


南沙良さん、工藤遥さん、田中芽衣さん、こばしり。さんの4人が出演する「キリン 午後の紅茶」のテレビCM「わたしらしいって、最強だ。夏」篇が11日から放送開始。さらに同日より、テレビCMのバックストーリーを描いた、 Web限定の完全版ショートムービーがYouTubeなどで公開された。

学校も境遇も異なる4人の女子高校生たちが、ひとりで楽器を楽しむ日常生活から、SNSを通してバンドを結成し、4人だけの文化祭開催に向けて、自分らしさを表現することの楽しさに気付いていく青春バンドストーリーを描いた本作。「わたしらしいって、最強だ。」というキャッチコピーとともに、「キリン 午後の紅茶」のブランドイメージを伝えている。なお、文化祭に向けて4人が演奏する楽曲は、JUDY AND MARYの夏の名曲『Over Drive』。バンド初挑戦の4人が見事にパフォーマンスしている。

映像のリアルさにこだわったという今回の撮影。キャスト4人は、全員バンド未経験者だったため、撮影4週間前からの楽器の先生による個別レッスンやスタジオでのバンドリハーサルに加え、全員プライベートの時間も使って練習に励んでいただいたことで、先生も驚くほどのスピードで上達。撮影当日は、実際に歌いながらバンド演奏ができるレベルまで到達し、とても臨場感のある演奏シーンとなった。

スタジオでは、一回一回演奏を振り返りメンバーで一喜一憂するなど、演技を超えた4人のキャストの姿があった。また、休憩中やカメラが回っていない場面では、プライベートの話をメンバーと話したりするなど、撮影が進むにつれ“本当のバンド”だと見間違えてしまうほどの雰囲気で、演奏の最後にアイコンタクトを送るシーンでは、メンバー全員の一体感を感じられたという。

南沙良さんは撮影を振り返り「アコースティックギターを弾くことはたまにありますが、エレキギターを弾くのが初めてだったので、たくさん練習をしました。バンドも初めてで、ドラムやベースと合わせたことがなかったので、すごく楽しかったです」とコメント。

また工藤遥さんは「初めてギターに触って、演奏をしたのですが、最初コードも読めなく、できるのかなという不安もありました。繰り返し練習し、メンバーやスタッフの皆さんのおかげで演奏できるようになったかと思います。すごくいい経験ができました」と語った。

■午後の紅茶 「わたしらしいって、最強だ。夏』篇 ショートムービー ストーリー

強豪校の吹奏楽部に所属している高校二年生のサラ(16)は、いつからか演奏が楽しめなくなってしまい、

中学校時代からの親友でクラスメイトのユウカ(17)とも疎遠になっている。

サラはクラスメイトと一定の距離を置き、いつも放課後になると、学内の喧騒から逃れるように

誰も使っていない視聴覚室でひとり、ギターの練習をしている。

曲は、社会人になって上京してしまった兄の部屋から偶然見つけたJUDY AND MARYの『Over Drive』。

ある日、サラは『Over Drive』の弾き語りの演奏動画をSNSに投稿。

すると、その動画に対してハルカ・メイ・コバという3人の顔も知らない女子高校生が反応し、

SNS上だけのバンド動画が出来上がっていく。

やがて、学校も境遇も異なる4人が、ハルカの一声で「自分たちだけの文化祭」を行うことに…。

■ショートムービー 午後の紅茶 「わたしらしいって、最強だ。夏」篇



■TVCM 午後の紅茶 「わたしらしいって、最強だ。夏」篇



当記事はGirlsNewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ