「中居君ってほんとに歌ヘタだったのか」 ジャニー喜多川氏死去の報道で流れるSMAPのライブ映像に驚きの声

10日朝から民放の報道・情報番組はジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏死去のニュース一色である。番組ではジャニー氏の功績を称え、彼が愛情を注いで育ててきたジャニーズアイドルたちの懐かしい映像が流れているが、特に各局が時間を割いていたのが2016年に解散したSMAPである。『世界に一つだけの花』を歌う場面もいくつかの番組で放送されていたが、ここで初めて中居正広の生歌を聞いたというツイートが多く見られた。

日本のエンターテインメント界を長年牽引してきたジャニー喜多川氏が9日の午後4時47分、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため都内の病院で亡くなった。87歳だった。入院中は毎日、所属するタレントたちが入れ代わり立ち代わり病室を訪れ、ジャニー氏を励ましていたという。

10日放送の『ビビット』(TBS系)でMCを務めるTOKIO国分太一が語ったところによると、病室には夜中でも誰かしらタレントが訪れており、普段では喋ることのない先輩・後輩の交流ができたと明かしている。「それもジャニーさんが“演出”していたのかな。貴重な時間でしたね」としみじみ話していた。

1962年にジャニーズ事務所を設立したジャニー氏は、近藤真彦、少年隊、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、など数多くの男性グループを世に送り出した。この中でもSMAPの映像は各局の番組で放送されており、1996年にオートレーサーへ転身するためグループを卒業した森且行の姿がある懐かしい映像もあった。SMAPの代表曲『世界に一つだけの花』をライブで歌うVTRも複数の番組で流れていたが、ツイッターでは中居正広の歌唱に関するつぶやきが多く見受けられたのだ。

「ジャニーさんの件で、さまざまなジャニーズタレントの歌が流れる中、SMAPの世界にひとつだけの花が流れる。中居くん、本当に歌が下手なんだね」「ずっとネタだと思ってたけど中居君ってほんとに歌ヘタだったのか」「SMAPのコンサートの映像…中居くん歌下手すぎっ(笑) そういうの隠さないところが、またいいんだけど」「朝からワイドショーはジャニーズの件ばかり。突然中居君の歌で椅子から転げ落ちたわ。半端ない破壊力やな」など、中居が「自分は音痴」というのは自虐ネタだと思っていた人から驚きの声が少なくない。その一方で「ジャニーズのライブ映像めちゃくちゃ見て思ったのは、歌がうまいかどうかってことよりも、そのグループのために作られた曲、その人のために割り振られたパートは、その人じゃなきゃダメなんだなってこと… 世界にひとつだけの花、歌がうまいとは言えないんだけど、あのパートを歌うのは中居くんなんだね」というツイートもあがっている。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ