おぎやはぎ小木、ジャニーさんのネーミングセンスに「一瞬ダサい」 発言に共感の声

しらべぇ

2019/7/10 17:00




10日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に、お笑いコンビ・おぎやはぎ小木博明が出演。ジャニーズグループのネーミングセンスについて私見を述べ、反響を呼んでいる。

■グループ名に「一瞬、ダサい」


番組では、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さんが亡くなったことを報道。出演者たちは、ジャニーさんの功績について語り合う。

その中で、ラサール石井がV6の20th Century(井ノ原快彦・長野博・坂本昌行)とComing Century(森田剛・三宅健・岡田准一)について「ネーミングセンスがすごい」と褒めると、小木は「ネーミングが一瞬ダサいですよね。最初聞くと。ひどいですよ」とバッサリ。

続けて「なのになんかかっこよくなっていく」とべた褒めし、共演者らは納得していた。

■「すごい発言」に驚きの声


小木の発言を受け、ネット上では「俺も思った」「わかる」と共感の声が寄せられた。







■偉大な功績を残したジャニーさん


多くの国民的アイドルを生み出したジャニーズ事務所。ジャニーさんは、日本の芸能界で偉大な功績を残した1人であることは間違いないだろう。

アイドルグループが大衆に受け入れられた理由の1つには、ジャニーさんが名付けた独特でありながらも親しみやすいネーミングが影響しているのかもしれない。「一瞬、ダサい」と発言した小木だが、彼なりの愛情表現なのだろうか。

・合わせて読みたい→TOKIO城島茂、ジャニー社長から「いつまでいるの?」 まさかの一言に同情の声

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ