アリアナ・グランデ、ステージで再び見せた涙の理由

現地時間6日、「Sweetener World Tour」で訪れた米セントルイスのステージで、アリアナ・グランデが再び涙を見せた。そのもようを収めた動画がSNSで拡散された翌日、アリアナはその涙のワケをSNSで長文にしたためた。

現在「Sweetener World Tour」で全米を回っている歌姫アリアナ・グランデ(26)。3月半ばのニューヨーク州オールバニでの公演以来、ツアーバスで移動する日々が続いているアリアナは現地時間6日、ミズーリ州セントルイスの「エンタープライズ・センター」を訪れた。

トレードマークのポニーテールとサイハイブーツでステージを動き回るアリアナに歓喜の声をあげるファン達。いつもの見慣れた光景が広がるなか、人気曲『R.E.M.』を熱唱するアリアナが突如、感極まって涙するハプニングが起こった。泣き顔を時折左手で覆い隠しながら言葉を詰まらせるアリアナの姿は、この日会場に居合わせたファンらの撮影した動画によって瞬く間に拡散されることとなった。

翌日、アリアナは心配するファンのためにSNSを更新、ステージ上で見せた涙のワケを明かしている。それによれば、ここ数年自身の周りで起こった数々の出来事に対する気持ちの整理が完全にはついておらず、そんななかでツアー開催を決めたことで時々様々な感情や心の葛藤に襲われてしまうことを説明。感受性が大変強いタイプの自分は、時々こうしてたくさんの涙を流してしまうのだと記されている。しかしその一方で、

「どんなに辛くても、どんなに激しい感情の波が私を襲ってきても、私が自分の足で立っていられるのは、皆への感謝の気持ちと、一度始めたら途中で投げ出さないって約束があるから。」

とも書かれており、アリアナの内に秘めた芯の強さが見て取れる。

同時に、会場に足を運んでくれるファンやツアーをともに盛り上げるミュージシャン、バックダンサー、またバスドライバーなど自分を支える全ての人に対し、

「毎晩たくさんの素敵な出会いがあって、みんなに愛を注いでもらえるなんて、本当に私にはもったいないくらい。でも、こうしてブレずに前に進んでいけているのは、そんなみんなのおかげ。」

「こんなにも人間臭い私を受け入れてくれてありがとう。」

と感謝の気持ちを綴っている。

最後は、

「もしこれを読んでいるあなたが私と同じように心に傷を負っているとしたら、あなたは必ず前に進むことができるし、一人ぼっちじゃないってことを伝えたかった。愛してる。」

と締めくくった。

アリアナのこの投稿はのちに削除されてしまったが、超ビッグスターである彼女がステージで自身のもろい姿を見せ、本音を吐露する姿には、

「こんなリアルで人間臭いアリアナが大好き!」

「これからもずっと応援してる」

といったコメントが相次いで書き込まれている。

8日にミネソタ州セントポールでの公演を終え、これで米国内でのショー前半はわずか4公演を残すのみとなった。その後は8月中旬からおよそ2か月をかけて英国やオランダ、ドイツ、フランスなどヨーロッパを周り、11月からクリスマス直前まで再び米国でショーが開催される予定だ。おそらくこの先もたくさんの笑顔と涙で、観客を“アリアナ・ワールド”へといざなっていくことだろう。

画像は『Ariana Grande 2019年5月14日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ