EXIT兼近大樹「もやしフェスティバル」でビンボー時代も明るい食卓!

テレビドガッチ

2019/7/10 12:45

EXIT・兼近大樹が、7月18日(木)19時から放送の『グサッとアカデミア』(日本テレビ系)第6弾に出演し、母親と親子初共演を果たす。

同番組は、結婚、育児、仕事、夫婦関係など、女性が抱えるさまざまな問題を解決すべく、林修がグサッと刺さる講義を展開するバラエティ。MCは林のほかに、中山秀征、水卜麻美が務め、この日は、人気芸能人28人がゲスト出演する。

第6弾の今回は、林が今話題の人気芸能人に仕掛ける「グサッとくる抜き打ちテスト」をテーマに展開。芸能人の大問題に切り込む、黒板を使った林ならではの「グサッと講義」や、言葉や国語をテストするコーナーなどが登場する。

今回、兼近の壮絶な“ビンボー時代”のエピソードをロングインタビュー。林も絶賛の親子物語を紹介する。両親の離婚により母と暮らしていた兼近。母は昼夜、仕事を掛け持ちし、家はボロボロという、とても貧しい生活を送っていたという。

しかし、貧乏でも幸せに明るくふるまう母に影響され、兼近家の食卓風景は、食事が大量に茹でた「もやし」だけだった時も、いろんな調味料を使って食べる「もやしフェスティバル」を開催し、家族みんな明るくノリノリで食べていたという。そして、野球に打ち込んだ学生時代、働き始めたきっかけも再現VTRで紹介。息子の母を思う姿に、スタジオが涙に包まれる場面も。そして、スタジオに兼近の母親がサプライズ登場し、息子への思いを伝える。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ