選挙に毎回行く人はわずか4割弱… 行かない人の言い分とは

しらべぇ

2019/7/10 11:00

(imacoconut/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
選挙権を持っているにもかかわらず、選挙に行かない人がたくさんいる。大切な1票なのに、自分の意思を示さないのはもったいないことだ。

■「選挙には毎回行く」約4割


しらべぇ編集部では全国10~60代の男女1,721名を対象に、「選挙について」の調査を実施。



「選挙には欠かさず行っている」と答えた人は、全体で37.4%しかいなかったのだ。

■若い人ほど選挙に行かず


性年代別では、すべての年代で女性よりも男性の割合が高くなっている。



やはり年代が低くなるほど、割合が減るのも印象的だ。

「そこまで政治のことがわからないから、他の予定とか入っているとそちらを優先してしまう。私一人が投票したところで、影響があるとも思えないし」(20代・女性)



「誰に入れていいかさっぱりわからないから、僕が選挙に行っても意味がないと思う。休みの日だから、投票所まで行くのも面倒」(20代・男性)


■選挙は大人の大切な役割


選挙当日に予定があっても、期日前投票はできる。

「予定があったとしても、今は期日前投票が手軽にできる時代。選挙権があるのだから、自分の意思を示す1票を投じるのが大人の役割だと思う」(40代・男性)


選挙に行くことが、かっこ悪いと思っている若者もいるのかも。

「僕も若い頃は選挙に行ってなかったので、偉そうなことは言えない。選挙に行くのが、かっこ悪い行動に思えていた。

ただ年を重ねていくうちに、選挙に行かないことのほうがかっこ悪く思うようになってきた。いい年した大人が政治に関わることを放棄するのは、やはりどうかと思う」(50代・男性)


■若者が興味を持つ政治を


若者たちが選挙に行くようにするには、どうすればいいのだろうか。

「昔、テレビを見ていると、有識者らしき人が『選挙に行かない人は政治に文句を言うな』と言っていた。それから私は『選挙にいって、ちゃんと政治に文句を言おう』と意識するようになった。

ただ今の若い子たちが政治に関心がないのは、興味を持つような魅力がないからだと思う。それは私たち大人も、どうすればいいか考えるべきなのかも」(40代・女性)


これまで選挙に行っていなかったという人も、一度は足を運んでみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→「政治は偉い人のもんじゃねぇ」  武井壮の主張にネット上で共感の声続出

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ