アリアナ・グランデ、ヴォーグ誌とタッグを組んだ「in my head」のパフォーマンス映像公開

Billboard JAPAN

2019/7/10 10:00



現地時間2019年7月9日、ヴォーグ誌が製作とディレクションを担当したアリアナ・グランデの「in my head」のパフォーマンス映像が、巻頭インタビューとともに公開された。

アリアナの“頭の中”をイメージした、白い箱のような空間で撮影されたレトロ・フューチャーなこの映像は、Bardia Zeinaliが監督を務めている。黒いパフスリーブの衣装をまとったアリアナが、カメラに向かって歌いかける、シンプルかつインティメイトな内容で、感傷的な曲の詞にもマッチしている。

また、「no tears left to cry」のMVで使われたトリッピーなカメラ・エフェクトも健在で、彼女のトレードマークであるニーハイブーツやポニーテールがまるで踊っているような演出も見られる。曲自体も原曲から少し変化が加えられており、テンポが遅くなったり、詞のいくつかが強調されている。

◎パフォーマンス映像
https://youtu.be/1uJQxq6epDk

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ