『聖闘士星矢:Knights of the Zodiac』英語版「ペガサス幻想」流れる日本版予告公開 

 Netflix オリジナルアニメシリーズ『聖闘士星矢:Knights of the Zodiac』より、現代を舞台とした星矢、紫龍、氷河、瞬たちの新たな物語の一幕が映し出された日本語版本予告映像が公開。主題歌を担当するThe Strutsによる英語版「ペガサス幻想」=「PEGASUS SEIYA」も収録されている。

【写真】アニメ『聖闘士星矢:Knights of the Zodiac』フォトギャラリー

本作は、車田正美原作の大人気シリーズを、新たに現代を舞台として誕生した3DCG作品。この世に邪悪がはびこるとき、必ずや現れるという希望の闘士・聖闘士(セイント)。彼らは聖衣(クロス)と呼ばれる88の守護星座の防具をまとい、数百年に一度地上に降誕する女神アテナを守るために集うという。

本予告映像では、まだ能力に気づかず平和な日常生活を送っていた星矢が不思議な力を発動するシーンからスタート。そして、戦いの女神アテナの化身である沙織と出会い、聖闘士として目覚めた彼は、必殺技「ペガサス流星拳」を会得し、ドラゴン紫龍、キグナス氷河、アンドロメダ瞬といった仲間たちとともに、さまざまな敵との戦いに挑んでいく。実写映画のような疾走感あふれるバトルシーンを盛り上げる主題歌「PEGASUS SEIYA」にも注目だ。

キャストはペガサス星矢を森田成一、城戸沙織を折笠富美子、ドラゴン紫龍を櫻井孝宏、キグナス氷河を三浦祥朗、アンドロメダ瞬を佐藤聡美、フェニックス一輝を小西克幸、獅子座のアイオリア/ナレーターを田中秀幸、牡羊座のムウを山崎たくみ、乙女座のシャカを三ツ矢雄二、辰巳を江川央生が務める。

Netflix オリジナルアニメシリーズ『聖闘士星矢:Knights of the Zodiac』は、7月19日よりパート1・全6話が全世界独占配信。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ