美容ライターが選ぶ上半期ベストコスメ~日焼け止め・下地編~


美容ライターの筆者が基礎化粧品の次に大切にしたいもの、それは日焼け止め。

紫外線は肌老化を招く大きな原因であるため、ファンデーションの前に塗る日焼け止めや化粧下地はとても重要だと考えています。

そこで今回は、2019年上半期に発売された日焼け止めと化粧下地のなかから、筆者が選ぶベストコスメをご紹介します。

上半期ベストコスメ~日焼け止め・下地編~

3位:メイクくずれと乾燥、2つの悩みをサポートする化粧下地

アクアバランス ベース/トワニー

SPF30・PA++ 30g 4,000円(税抜)

アクアバランス ベース/トワニー

メイクくずれは気になるけれど、汗・皮脂に強い化粧下地を使うと乾燥しがち……。そんなお悩みを解決へと導いてくれるのが、トワニーの「アクアバランス ベース」です。

アクアバランス ベース/トワニー使用感

顔の表情の動きに合わせてストレッチする「アクアストレッチヴェール処方」を採用し、くずれにくい肌づくりをサポートします。
さらに、肌の凹凸もつるんとなめらかな印象に整え、つややかな肌を演出。一日中コンディションのいい肌をキープしてくれますよ。

2位:スキマ焼けをブロック!汗、皮脂、擦れに強い日焼け止め

アスリズム スキンプロテクトエッセンス/ビオレUV

SPF50+ PA++++ 70g オープン価格

アスリズム スキンプロテクトエッセンス/ビオレUV

ミクロレベルの隙間まで塗りムラを防ぐ「ミクロディフェンス処方」に加えて、日本の真夏の過酷な高温多湿環境(※1)にも耐える独自技術「タフブーストTech」も採用。汗や皮脂、擦れにまで対応する頼もしい日焼け止めです。
(※1)40℃、湿度75%

アスリズム スキンプロテクトエッセンス/ビオレUV使用感

強力な日焼け止めといえばミルクタイプが多いですが、こちらはなめらかでみずみずしいテクスチャーのエッセンスタイプ。
軽やかな塗り心地でストレスなく使いやすく、しっかりと日焼けから肌を守ってくれます。ボディはもちろん、ファンデーション前に塗ってもきしみやカサつきを感じない優れものです。

1位:透明感も塗り心地も!つい手に取ってしまうUVジェル

ウォータリーUVジェル/江原道(Koh Gen Do)

SPF50+ PA++++ 40g 3,500円(税抜)

ウォータリーUVジェル/江原道

筆者がもっとも手に取る機会が多かったのが、江原道(こうげんどう)の「ウォータリーUVジェル」です。
SPF50+ PA++++の高数値をかなえながらも、まるでスキンケア製品かのようになめらかな塗り心地を実現し、肌の疲れも感じることなく過ごせます。

ウォータリーUVジェル/江原道 使用感

サッと塗るだけで透明感まで感じられるので、メイクアップ効果も好感触。さまざまなファンデーションと相性がよく、使い勝手のよい化粧下地として活躍しています。

今回厳選したのは、いずれも使用頻度の高いアイテムばかり。塗り心地や仕上がりにも優れ、日焼け止めによる悩みを忘れさせてくれました。
お悩みや目的にあったものがあれば、一度試してみてはいかがでしょうか。

※価格は全て編集部調べ

ライタープロフィール

美容ライター・古賀令奈

ライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容をはじめヘルスケア、ライフスタイル、ビジネス、医療などの記事を大手企業のオウンドメディアにて多数執筆。コスメへの情熱は人一倍! みなさまにワクワクをお届けします。

【保有資格】

日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュ

【参考】
※アクアバランス ベース – トワニー
※アスリズム スキンプロテクトエッセンス – ビオレUV
※ウォータリーUVジェル – 江原道

当記事はLife & Beauty Reportの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ