辻希美「ブログ炎上は面白くなってきちゃう」と達観も、まだ叩かれる「自分の非常識さを理解していない」

wezzy

2019/7/9 19:15


 杉浦太陽・辻希美夫婦が、7月3日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)に出演した。番組では、今年で結婚生活13年目、現在小学6年生の長女、3年生の長男、1年生の次男、そして昨年末に誕生した三男と、4児の子育てに奮闘する杉浦・辻夫妻の自宅で密着ロケを決行。

家族6人でバルコニー付きの一軒家で生活する杉浦と辻は朝から大忙しで、4時起きの辻は生活感溢れるキッチンで朝食の準備を行い、仕事が休みの杉浦は長男・次男の面倒を見て学校に送り出す。この日の朝食は長女の手作りパン。もちろんまだ0歳児の三男の世話もある。

子どもたちが学校に行っている間に杉浦・辻夫妻は車で買い物に出かけるが、夫婦で大あくびをしていた。コストコでは食料品を大量に購入し、総額6万1521円。育ち盛りの子どもが4人。生活費を負担する杉浦曰く「働かんと働かんとどんどんなくなる」そうだ。

帰宅後は購入した食材をカットする作業。辻は三男にミルクを飲ませ、杉浦は長男・次男のお迎えに。それから夫妻で夕食作り。草加を「くさか」、澱粉を「との?」と読み誤っている辻だが、包丁さばきは慣れたもので、“おにぎりサイズ”の寿司を含め30分で8品を完成させる。料理を作った後は、ブログに掲載するため写真撮影を欠かさない。

ただ、辻のブログは“炎上”することで有名。二人とも炎上には気を使っているようで、ケーキ作りをしていたが辻が、「スポンジは買ったもの」と言うと、杉浦が「あんまりスポンジ買った言うとまた炎上するから」と注意する場面もあった。

辻希美「ブログ炎上は面白くなってきちゃって」
 辻希美のブログが「子どものために何をやっても炎上」していたことに杉浦太陽は、「はじめは何書いても叩かれて、(辻が)しくしく泣いてたからふざけんなって思って。でも、俺が攻撃したら余計炎上するから我慢した」という。

一方の辻は、「確かに私が悪いことして炎上したらそこはちゃんと『すみませんでした』ってなるんですけど。ネタがネタだけに私も面白くなってきちゃうところもあるので」と、余裕の姿勢。確かに、辻のブログが炎上する理由は、「豚汁の具がデカすぎる」「デザートをテーブルの真ん中に置くな」など、非常に細かく、しかもどうでもいいネタばかり。そのうえ最近は、一部のネット掲示板に常駐する辻のアンチが批判をしているだけで、実際に炎上しているとは言い難い状態だ。

辻アンチは番組での辻の「面白くなってきちゃう」発言にも反応。「上から目線でむかつく」「自分の非常識さを理解していない」など、掲示板で激しい辻叩きを繰り広げている様子が見られる。
タレントとしても大忙しの辻希美
 長女を出産した時は20歳だった辻も現在は32歳。今年11月に長女は12歳の誕生日を迎えるが、そういえば2000年にモーニング娘。の4期メンバーに選ばれた当時の辻も12歳だったのだから、感慨深い。

辻が三男を出産したのは昨年末だったが、今年3月には加護亜依とのユニット「W(ダブルユー)」としてハロー!プロジェクトのステージに出演、5月にはYouTubeで「辻ちゃんネル」を開設、6月にはW(ダブルユー)として13年ぶりに音楽番組に出演するなど、アイドル活動に精力的だ。

先月26日に配信されたYahoo!ニュース特集のインタビューで辻は、「20代は子育て一色でした。どこかで自分を抑えていた面があったんだと思います。それがいま、少しだけ余裕が出てきました。そのぶん、バンッと爆発しているのかもしれません」とも語っている。

子育てに仕事に大忙しで、今まさに人生を謳歌しているようだ。たしかに「炎上」を気にしている暇はないのだろう。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ