芦名星、主演ドラマ『W県警の悲劇』見どころは自身の笑顔?共演者からは「ドキッとした」

芦名星が主演を務める土曜ドラマ9『W県警の悲劇』(BSテレ東、7月27日スタート、毎週土曜21:00~)の制作発表記者会見が9日、都内で行われ、芦名をはじめ、佐藤仁美、佐津川愛美、谷村美月、優希美青、戸田菜穂、鈴木砂羽、床嶋佳子、伊藤かずえが出席した。

ドラマは、女性初の女性警視となった監察官・松永菜穂子(芦名)が、秘密を抱える女性警察官と対峙する “女同士のバトル”が見どころの謎解きエンターテイメント。

床嶋が「クールビューティー」と称した芦名を筆頭に、落ち着いた雰囲気で挨拶が進む中、鈴木が「ぶっちゃけ、お色気担当です(笑)」と話すと、会場は笑いに包まれた。佐津川は痴漢されるシーンがあると明かし、「触り方がすごくうまくて(笑)。高校生の時に怖かった気持ちをすごくリアルに思い出した」と振り返ると、キャストからは「楽しみ~」と声が上がった。

芦名は、8人の女性と向き合う様は“心理戦”と語り、「毎回、来てくださった方(ゲスト)のお芝居を見てやるというのは、(演じる)菜穂子そのもの」と、自身と役柄を重ねている様子。また撮影の雰囲気について「現場自体はピリピリしていることはないけど、本当に一日で何年分(話したのか)と思うくらいなんですよ」と、膨大なセリフとストイックに向き合っていることを明かした。

会見では、各話のテーマに基づいたアンケート企画を実施。「許せない女(男)」について佐藤は、食事をクチャクチャと音を立てて食べる「クチャラー」。一方、芦名は車線変更をするときに「スペースが空いているところに入ろうとした時、(入れないように)グッと詰めてくる行為」と回答。すかさずMCの西尾季隆(X-GUN)から、「一人で運転している時には“入れろや!”と言ってますよね?」と聞かれるも「イメージだとそうなんですけど、私は安全運転です!」と笑顔で否定した。

また「克服しておけばよかったこと」について佐津川は「パソコンのタイピング」。ブログなどもすべてスマホを使って書いているそうで、「パソコンの授業をもっとちゃんとやっておけばよかった。今年の目標はブラインドタッチ」と決意するも「若い人はスマホのほうが早いと思っている」とポツリ。すると佐藤から「先輩がいっぱいいるから、年齢のことはちょっと……」とダメ出しが飛び出した。

そんな中、「恋愛の高い壁」について問われた優希は「魚の骨を取ってくれる人」。これには会場中が困惑気味だったが、優希は「デートとかでご飯に行った時に“魚貸して”みたいな」と話すと、キャストたちは大爆笑。さらに、そこまでして魚を食べたいという優希だが、実は魚が苦手なことが判明し、キャストから「え~!?」と驚きの声が上がった。

また「男性の気を引くために有効な手段」について、芦名は「笑うことですかね。わからないので、とにかく笑っておこうかなって」とコメント。すると床嶋は「(第7話の)撮影中、彼女からニコッとされるシーンがあって、本当にドキッとした」と、芦名の笑顔を絶賛。芦名は「ちょっと待ってください……」と顔を赤らめつつ、「見どころですね」とほほえんだ。

なお、森田昇プロデューサーは、同作について「ポイントは4つ。女性の対峙、クライマックスの大どんでん返し、人に言えない秘めごと、大きなことを成し遂げるために小さなものを踏み潰すこと」と話し、「各話ごとだけでなく、最終話に向けた大どんでん返しも大きなテーマ」と見どころを解説した。会見には、原作者の葉真中顕と、主題歌「鑑」を歌う安藤裕子も出席した。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ