向井理が「おさむ」のモノマネを披露! くりぃむ有田も感心

※画像は、『全力!脱力タイムズ』公式Twitter より

 

75日放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)に俳優の向井理が登場。なぜか得意というモノマネを繰り出し、同じくコメンテーターとして隣にいたアンタッチャブル・柴田英嗣にツッコまれる展開になった。

 

同じ「おさむ」のモノマネ披露!?

 

番組序盤、向井を紹介したメインキャスターの有田哲平だが「向井さんは俳優ということですが、報道番組なので世間の方は一体誰が出てるんだろう、という」とコメント。向井も納得顔だったが柴田は「いや、わかりますよ、世間の人は。この番組以上に有名ですから」と、向井の知名度の高さを考え冷静にツッコみ、笑いが起こった。

 

続けて有田は向井のプロフィールフリップを出すが、そこには『雑誌に載ったことがきっかけでスカウトされデビュー』と今さら感の強い説明が書かれており、柴田は怪訝な顔。さらに『CMでブレイク、そのセリフが話題に』と続いていて、有田が「何のセリフですか?」と向井にそのセリフを言うようにお願いすると、向井は快く応じたうえで「いつやるか?今でしょ!」と、なぜか予備校講師の林修のキメ台詞を披露。有田ら出演者が感心する中、柴田は「いや、違うでしょ?」とツッコみを入れ、向井は慌てて「あ、クイズだと思ってました」と言い訳。柴田も「おさむクイズだと思ってたんだね。『おさむ違い』だ」とフォローし、笑いが起こった。

 

仕切り直しとばかり、有田が先ほどと同じようなフリップを出すと今度は『有名アニメのモノマネでブレイク』とある。再び有田がふると向井は「殴ったね!オヤジにもぶたれたことないのに!」と披露。これに柴田は「(『機動戦士ガンダム』の主人公である)アムロ・レイじゃん!」とツッコみ。

 

有田はこのやりとりに「(アムロ・レイのモノマネをするお笑い芸人)若井おさむさんじゃないでしょうか」と確認。柴田が「モノマネ芸人の方か!(ツッコみ方が)難しいよそれ」と悶絶すれば、向井も「疲れてて間違えちゃうんです。若井と向井を間違えちゃうんですね」と弁明していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ