BABYMETAL、名古屋公演に藤平華乃が再登場 “アベンジャーズ”で鞘師里保と双璧なす

BABYMETALが7月6日・7日とポートメッセなごやにて2DAYSライブ『BABYMETAL ARISES - BEYOND THE MOON - LEGEND - M -』を開催した。6月28日に行われた横浜アリーナ公演からSU-METALとMOAMETALのオリジナルメンバーとともに「アベンジャーズ」と呼ばれるダンサー3人のうち1人がサポートダンサーを務めており、今回のポートメッセなごや公演も動向が注目された。

これまで6月28日に行われた横浜アリーナの初日公演にて元モーニング娘。の鞘師里保、2日目にさくら学院の藤平華乃がサポートダンサーを務めた。さらに6月30日、イギリスの音楽フェスティバル『Glastonbury Festival 2019』ではBABYMETALのステージに再び鞘師里保が登場している。

『BABYMETAL ARISES - BEYOND THE MOON - LEGEND - M -』ではいよいよアベンジャーズから3人目のダンサーが現れるかとも思われたが、7月6日の初日は鞘師里保がサポートダンサーを務め「RIHOMETAL」正式メンバーへの様相を強めた。

ところが、7日の2日目は藤平華乃が再登場してサポートダンサーを務めファンを歓喜させたのである。これで「KANOMETAL」正式加入に希望が繋がったからだ。

BABYMETALはさくら学院発のユニット部活動「重音部」から誕生したので、さくら学院の現役メンバーで9代目生徒会長(リーダー)を務める藤平華乃(14)は後輩にあたる。

一方、鞘師里保(21)はSU-METALこと中元すず香と同年代で地元も同じ広島だ。Perfumeを輩出したアクターズスクール広島(ASH)に通っていた2人はライバル的存在にあったという。

違ったキャラクターでステージングもそれぞれの魅力があり、現時点のアベンジャーズとして双璧をなす存在だ。

これまで日本で行う公演では、サポートダンサーに鞘師と藤平が同程度出演していることから「今日のサポートダンサーはKANOMETALだったが、堂々たるステージングでさすがさ学の生徒会長だと思いました。かなり横の方にも視線を送ってくれたので嬉しかった。これでRIHOMETALとKANOMETALが日本で2公演ずつ出ているが、もう一人はいつ登場なんだろう?」というツイートも見受けられる。

BABYMETALは8月4日、台湾・台北最大級の音楽フェス『超犀利趴(スーパースリッパ)10』に出演した後、日本の音楽フェス『SUMMER SONIC 2019』で8月16日に大阪、17日に東京とステージを務め、さらに9月4日から『METAL GALAXY WORLD TOUR』がスタートして来年の3月1日まで欧米諸国とロシアを巡る。

その間に『METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN』を11月16日・17日と埼玉・さいたまスーパーアリーナ、11月20日・21日と大阪・大阪城ホールで開催することを発表した。

そうしたライブステージから、鞘師里保と藤平華乃がどのようなパターンでサポートダンサーを務めるかが見えてくるだろう。そしてアベンジャーズ3人目のサポートダンサーがいつ現れるかも楽しみだ。

画像は『さくら学院 職員室 2018年8月28日付Twitter「本日8月28日は、中等部2年 パフォーマンス委員長 藤平華乃のお誕生日です」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ