【ガチ】ディズニーマニアが選ぶディズニー夏イベントの注目ポイントTOP3「6年ぶりに復活した感動ショー」「ガン濡れ海賊ショー」など



アツい夏の到来を知らせるアツいイベントが幕を開ける。

7月9日から東京ディズニーリゾートでは、涼しさと楽しさが詰まった夏イベントが開催される。今回の夏イベントでは、ディズニーファンたちの間で絶大なる人気を誇っていたキャッスルショー(シンデレラ城の前で行われるショー)が6年ぶりに復活するとあり、大きな注目を集めていた。

かく言う私もキャッスルショーの復活を待ちわびていたディズニーファンの一人。ひと足先にディズニーの夏イベントを体験してきたのだが、もう最高すぎた! やはり忘れられない夏の思い出を作るならディズニーである。

そこで、「夏のディズニーに行くなら、これを見逃してはならない」というポイントをディズニーマニアの目線から3つ選ばせてもらったので、ぜひ参考にしてみてほしい。いや~、毎度毎度こちらの想像を軽々と超えてくるディズニーさん、さすがやで。

【No.3 普段使いできる超オシャレな “ドナルドキャップ”】
東京ディズニーランドで行われるキャッスルショー『ドナルドのホット・ジャングル・サマー』の主役は、ずばりドナルドダック。そのドナルドを描いたキャップが販売されているのだが、とにかくデザインが素晴らしい!

ショーのイメージにあったトロピカルな色を取り入れつつも、ペンキ模様でオシャレさと可愛さを表現している。そして普段使いできるくらいナチュラルな仕上がりになっていて、今シーズンのヒット商品になりそうな予感。

ただあまりに人気すぎて、すぐに売り切れになってしまうのではないかと心配している。もし運よくお店で見つけたら、即ゲットすべし!

【No.2 トランス状態になれる “パイレーツオブカリビアンのショー”】
「暑い夏はやっぱり濡れたい!」という人におススメしたいのが、東京ディズニーシーで行われるショー『パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”』。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の海賊たちが登場するこのショーでは、メチャメチャ濡れることができる。「言っても夢と魔法のディズニーだから、そんなに濡れないんでしょ?」と思ったそこのあなた、ディズニーの本気をなめてはいけない。観る場所にもよるが、服のままプールに飛び込んだぐらいびっしょびしょに濡れることもできちゃうのだ。

夏のディズニーは濡れてなんぼだと思っている私は、もちろん一番濡れるエリアで今回のショーを鑑賞。最高の盛り上がりを見せるショーの後半は、あまりの水の量に目を見開くことさえままならなかった。

だが大量の水を浴びながら、リズミカルな音楽のもと、周りの何百人の人たちと共に踊っていると、一種のトランス状態に陥るのだ。これがマジで気持ちいいので、騙されたと思ってぜひ体験してみてほしい。

【No.1 泣けるくらい完成度が高い “キャッスルショー”】
今回の夏イベントの目玉は、なんといっても東京ディズニーランドのキャッスルショー『ドナルドのホット・ジャングル・サマー』。キャッスルショーが6年ぶりに帰ってくるということもあり、かなり大きな期待を抱いてショーの鑑賞に臨んだのだが、その圧倒的な迫力とクオリティーの高さに思わず涙した。

ひょんなことからジャングルの王様になってしまうドナルドを描いたこのショーでは、満天の星まで伸びる水柱や、夏夜を真っ赤に染める灼熱の炎、シンデレラ城に幻想的な世界を浮かび上がらせるプロジェクションマッピングなど、観る者を引き込む数々の演出が散りばめられている。

何度も観たくなって年間パスポートの購入を考えてしまうくらい本当に素晴らしいショーなので、東京ディズニーランドを訪れた際は絶対に観てほしい!

いかがだっただろうか? 夏イベントの魅力が少しでも伝わったのなら、幸いである。

うだるような暑い夏にうんざりしたときは、ぜひ東京ディズニーランドやシーに足を運んでみてほしい。きっとそこには、夏のアツさを吹っ飛ばす “アツい” コンテンツがあなたを待っていることだろう。

そして一日遊び回りパークを出るころには、夢と魔法に満ちた夏の思い出で胸いっぱいになっているに違いない。

Report:田代大一朗
Photos:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ