伊藤あさひ&小園凌央、『べしゃり暮らし』で間宮祥太朗の同級生に

 俳優の間宮祥太朗が主演を務める7月27日スタートのドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の追加キャストとして、俳優の伊藤あさひと小園凌央の出演が決まった。2人は主人公・上妻圭右(間宮)をライバル視する同級生を演じ、校内漫才コンテストに出場する。

【写真】ドラマ『べしゃり暮らし』追加キャストフォトギャラリー

人気漫画家・森田まさのりによる同名漫画を初映像化する本作は、若き漫才コンビの成長を追いながら、さまざまな人間模様を描き出す青春群像劇で、劇団ひとりが演出を担当。人を笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”圭右が、高校生にしてプロの漫才コンビを組んでいた元芸人の辻本潤(渡辺大知)と出会うところから始まり、やがて圭右が辻本と「きそばオートマティック」という漫才コンビを結成、厳しい漫才の道へ踏み出していく姿を描く。

今回発表されたキャストは、ドラマ『緊急取調室 SECOND SEASON』(テレビ朝日)で俳優デビューし、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(テレビ朝日)では主演を務めた伊藤と、ドラマ『FINAL CUT』(関西テレビ・フジテレビ)、『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ・フジテレビ)などに出演の若手俳優・小園。小園はタレントのヒロミと歌手の松本伊代夫妻の息子としても知られている。

2人が演じるのは、圭右が通う吉竹高校の生徒、玉木春馬と杉内副嗣。玉木は同級生の圭右に強いライバル心を抱いており、生徒たちから面白いと評判の杉内に声をかけコンビを結成。圭右&辻本を打ち負かそうと学園祭で開催される漫才コンテストに出場する。

そのほか、圭右のお笑いへの情熱を阻もうとする“悪役”でありながらも、ユーモラスで憎み切れない存在の吉竹高校・水原校長を田山涼成が、圭右の担任で、お笑いに対して好意的な女性教師・矢田を、以前ICONIQ名義で活躍していた伊藤ゆみがそれぞれ演じる。

土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』は、テレビ朝日系にて7月27日より毎週土曜23時15分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ