『ライオン・キング』、シンバ役吹替えは賀来賢人 「全身全霊でやった」

 映画『ライオン・キング』プレミアム吹替版声優発表イベントが8日、都内で行われ、シンバ役を賀来賢人、スカー役を江口洋介、プンヴァ役を佐藤二朗、ティモン役を亜生(ミキ)、ナラ役を門山葉子が演じることが発表された。賀来は「ずっと言いたくてしょうがなかったんです」とシンバ役への喜びを爆発させると「全身全霊でやりました」と強い視線で語っていた。

【写真】映画『ライオン・キング』プレミアム吹替版声優発表イベントフォトギャラリー

本作は、ディズニーの傑作アニメーションとして誕生し、ブロードウェイ・ミュージカルへと発展を遂げた「ライオン・キング」をまったく新しい形で表現した超実写版。サバンナの王国プライド・ランドを舞台に、偉大なる王の息子として生まれながらも、策略によって王国を追放されてしまったライオンの子・シンバが、自らの未来に立ち向かう姿を描いた物語。

オーディションで役を得た賀来は「もともと『ライオン・キング』が大好きだった」と笑顔を見せると「年下の後輩が劇団四季でヤングシンバを演じていて、打ち上げで『愛を感じて』や『ハクナ・マタタ』を一緒に歌っていました。すごく縁を感じていたし、うちにも小さい子どもがいるので、絶対シンバ役をやりたいと思っていたんです」と念願がかなったことを明かす。

賀来にとって初の吹替えとなるが「すごく難しかったのですが、超実写版の映像は圧倒的で、ライオンの表情もすごく繊細。演じているうちにシンバになっていくような不思議な感覚でした」とアフレコを振り返ると、本国ではシンバ役をドナルド・グローヴァー、ナラ役をビヨンセというグラミー賞受賞経験のある二人が演じることについて「二人が歌う『愛を感じて』は素晴らしかったのですが、同時に、門山さんの歌声を聴いて、日本版ならではの『愛を感じて』を表現できると確信しました」と歌への自信をのぞかせる。

賀来の歌を聴いたという亜生も「賀来さんの歌声を聴いたのですが、惚れてまいますよ。抱かれてもいい」と絶賛すると、門山も「賀来さんのシンバはすごく素敵でした」と二人のコンビネーションへの期待をあおっていた。

映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ