SixTONES出演「モンスト」CM、素の6人から仲の良さ伝わる

dwango.jp news


SixTONESが出演するモンスターストライク新TVCM「こいつらまちがいない」篇が7月8日(月)より1週間限定で放映される。

スマホアプリのひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」(以下、モンスト)のCMキャラクターにモンストのコンセプトである“みんなで集まってワイワイ盛り上がる”を体現しているグループである、ジャニーズJr.のSixTONES(ストーンズ)が起用された。

新TVCM「こいつらまちがいない」篇では、それぞれ個性的で欠点はあるけど、一緒に過ごす時間は「まちがいない」、そんな青春を過ごす仲間をSixTONESのジェシー、京本大我、松村北斗、髙地優吾、森本慎太郎、田中樹の6人が演じ、仲間と集まってプレイできるモンストの魅力を描いている。

お腹に落書きをしてはしゃぐジェシー、女子への告白を友人に勧め続ける田中樹、虫を怖がって逃げ回る森本慎太郎、シュートを決めても無表情の松村北斗、当たり前の知識を堂々とアピールする髙地優吾の姿を見て、くだらない、察しない、おちつきない、あいそない、じょーしきないと呆れ気味の京本大我が、そんな仲間とモンストをプレイする中で、彼らと一緒にいる心地よさに気づく、というストーリー。

さらに、本TVCMのために書き下ろされた楽曲『光る、兆し』(作詞、作曲:中野領太)は、「夢に向かい固い意志を持ち、仲間を信じ、愛し、これまでも、そしてこれからも共に突き進んでいく決意……」と、CMのストーリー同様、「仲間」をテーマとした歌詞が特徴で、SixTONESメンバー自身の心にもリンクし、彼らの現在地と照らし合わせながら強いメッセージが発信される。

全員揃ったシーンを撮影するため校舎の屋上に登場したSixTONESの6人は、カメラの前にスタンバイした途端、手にした端末のモンストアプリを立ち上げて大はしゃぎ。「クエストやっていいですか!?」と田中が口火を切ると、ジェシー、京本、森本も続いてプレイし始め、「ガチャ回していいですか?」「ダメに決まってるだろ(笑)」と、現場はこれから撮影が始まるとは思えない和気あいあいとした雰囲気に包まれた。

メンバー全員がCM出演決定前からモンストをプレイしていたこともあり、その面白さや仲間同士のコミュニケーション方法は、撮影スタッフよりSixTONESの方が詳しいという状況。そこで監督が採用した撮影方法は、「素」でモンストをプレイする姿を、さまざまな角度から撮り続けるというものだった。時折、小雨が降り、暑さと寒さが入れ替わる不安定な天候での撮影だったが、まるでプライベートで楽しむようにワイワイと賑やかな雰囲気でのプレイが続く。しかし、髙地と松村は仲間のプレイを見守る役だったため、ちょっと寂しそうな表情で「いいな~」「仲間に入りたいな~」とつぶやいていた。

女子への告白をためらう同級生の気持ちを察することなく、しつこく「コクれ」と絡むシーンの撮影では、田中がテンションの高い演技を披露。同級生の肩にガッチリと腕を回して感情たっぷりに言い聞かせる演技を繰り返し、さらに待機中も笑顔でそのままの態勢だったため、「本当に仲良さそうだね~」とスタッフの間から声が聞こえてくるほど。告白を迫るセリフもほぼ田中のアドリブで、カメラを回すたびにセリフが変わり、呆れた表情で演技するはずの京本は懸命に笑いをこらえていた。

小さな虫を異常に怖がり、京本に「おちつきない」と呆れられる森本の出演シーンでは、他の生徒が行き交う廊下で虫を避ける演技の撮影が行われた。森本は豊富な「引き出し」を次々とオープンし、撮影スタッフを圧倒。「虫イヤ!」「来ないで!」と、最初はシンプルだったセリフやアクションも、監督がカットの声をかけずカメラを長回しにしたため、いつしか森本の動きはオーバーリアクションに。京本はここでもプッと吹き出してしまい、森本に「引き出しの数が凄い(笑)」と話しかけながら、呆れ顔の演技をするのにやや苦戦気味だった。

ジェシーのお腹に描いたカニを見せびらかすシーンを控え、教室にはやや沈んだ空気が。もしジェシーが乗り気でなかったら……。そんなスタッフの不安を吹き飛ばすように、ジェシーは笑顔で登場!テスト映像を見せられたジェシーはクスっと笑い、その場でカニを描かれると「タラバガニ~!」と周囲が驚くほどの超ハイテンションで演技を開始。「タラバガニ入荷しました!」「いらっしゃいませ!」などアドリブも飛び出し現場は大爆笑の渦に。ちなみに、最初のタラバガニは足が8本、次に登場するズワイガニは足が足され10本になっている。

演技が必要なCM出演が初めてという髙地は、タケノコの知識をひけらかす役作りのため、事前にタケノコについて調べたという実直な性格。撮影現場で席に着くと、用意されていたタケノコを箸でつまみ、しげしげと眺めながらキレイに見える持ち方を模索。しかし、緊張のあまり撮影のたびに発するセリフが変わってしまうため、お弁当を食べながら話を聞く設定の京本は「髙地が間違えた時点で、これは意味のないウインナーだって思いながら10本くらい食べた(笑)」とチクリ。髙地も「めっちゃウインナー食べてるよって、申し訳なく思った」と苦笑いしていた。

シュートを決めながらも喜ばず、愛想なく振舞うシーンに臨んだ松村は、撮影終了後のインタビューで「めちゃめちゃ苦手なのにサッカーのシーンがあった。不安なわけじゃん、シュートシーンなんて。足がちぎれるほど蹴ったわ」と心境を吐露。とはいえ、撮影時の松村さんはビシッとシュートを決めており、影でこっそり応援していた髙地は「見たかったんだよ、北斗の蹴りを。上手だった」と絶賛した。実は髙地はサッカーが得意で、撮影する松村を応援しながら、ベンチの影で上手なリフティングも披露していた。

XFLAG公式YouTubeチャンネルでは、7月5日よりSixTONESメイキング映像とCM映像が公開中なのでこちらもぜひチェックしてみよう。

<SixTONES メンバーへのインタビュー>
――モンストのTVCMに出演が決まった時の感想をお聞かせください。
田中:(モンストは)ボクたちが昔から舞台の合間にメンバー同士で楽しんでいたアプリだったので、実際にプライベートで楽しんでいたアプリのCM に出ることができて、世の中に広められることが嬉しいです。
松村:ちょっとギスギスした時も、モンストだけは一緒にやってたね(笑)。
田中:モンストがオレらをつないでいた、みたいな。
髙地:欲しいモンスターのために頑張ってたもんね。
田中:この(CMの)撮影の合間も、みんなでモンストを実際にやってましたよ。

――今回のCMの見どころを教えてください。
田中:素で楽しんでいるボクたちですね。見てくださるファンの方たちは本当に素で楽しんでるSixTONESだと気づいてくださると思いますし、ボクたちを知らない方にも、モンストの面白さが伝わる内容になっていると思います。
松村:あとジェシーのカニは、本当にプライベートでやりかねないから面白いです。
田中:控え室にまで声聞こえてたもん(笑)
ジェシー:声聞こえてたの!?やっちゃった……。
田中:大丈夫だよ、撮影許可取ってるから(笑)。

――CM撮影で印象に残ったエピソードを教えてください。
髙地:ボクはCMで演技をするのが初めてで…。しかもタケノコのセリフで、一生言わないんじゃないかっていう…(笑)。
田中:ボクらモンストについては知っているけど、髙地はタケノコについて調べてましたからね。
髙地:そうそう。タケノコについて、すっごくケータイとにらめっこして。
ジェシー:オレもカニとにらめっこしてた。
松村:まだ(お腹にカニの絵が)描いてあるの?
ジェシー:もうどっか行っちゃった。逃げるの早いんだよ(笑)。
森本:水族館で鑑賞されてるのかな(笑)。
田中:あと、学生役ということで髪を黒くして…。
京本さん 久しぶりにね。制服も着てね。
ジェシー:みんな似合ってんじゃない?
田中:スタッフさんにはオレ、めちゃくちゃ褒められた。ぜんぜん大丈夫です、って。
松村:俺はめちゃめちゃ苦手なのにサッカーのシーンがあった。やったことないから不安だなと思ってスタッフさんの方を見たら、(サッカーが得意な)髙地が偉そうな顔で見学に来てた。
メンバー:まじでー!だからあの時、髙地控え室にいなかったのか!
髙地:見たかったの、北斗の蹴るところ。上手だったよ!
ジェシー:慎太郎は虫(のシーン)でしょ。
京本:(森本さんは)アドリブの引き出しハンパなくて、やるたび毎回違うの。10パターンくらい見た。
森本:けっこうやったよ。すごく欲しがるの、監督さんも(笑)。演技しているとカットがかからないなあ、って。
田中:引き出しがあるからだよ。
ジェシー:もしかしたら月9もあるんじゃない?
森本:月9も出させていただければ、ぜひ(笑)。
京本:久しぶりに制服姿の5人とお芝居して、心の声だけでセリフがなかったから、表情だけで、5人への愛もあるけど呆れているというお芝居をするのが難しかった。
髙地:オレ、屋上のシーンのジェシーがめちゃくちゃ好きだった。
京本:あれも(ジェシーは)毎回セリフを変えてたよね。
ジェシー:変えてました。大変ですよ、アレ(笑)。

――モンストがいちばん上手なのは誰ですか?
メンバー:樹です!
田中:ランクは300くらいに上がったかな。高校生の時、地元仲間と集まって連日やってたから。
髙地:わかんなかったら、とりあえず樹に聞きますから。
ジェシー:みんなケータイ渡してますから、樹に(笑)
田中:撮影の合間に“京本さん撮影です!”とかなると「やっといて」って言われて、本当に3台くらい並べてやってます(笑)

――みなさんが好きなモンストのキャラクターを教えてください。
田中:あー!!それすごい良い質問!みんないいんだから!
森本:ここで好きなキャラクター言ったらプレゼントらしい(笑)。
松村:見た目とか、なかなか手に入らないってことでルシファー。隣にいてほしい(笑)。
京本;ああ~。絶対欲しいやつだよ、それは。
田中:オレは3年くらいかけて、ようやくゲットした。
京本:オレはアレだな、最近当たったんけど、ノストラダムス。
髙地:オレは最初の赤い…リドラ。リドラめっちゃ好き!
田中:髙地さ、クエストやらないでずっと控室でリドラ見てるの(笑)。慎太郎はゼウスっぽいね。
森本:ああ、ゼウスね~。雷落としちゃうぞ(笑)
田中:オレは、女の子だったら白雪姫リボン、男だったらハデス。強いんです。
松村:コラボ期間燃えるよね!
ジェシー:メンバー同士ですぐメッセージ送りあうよね。
髙地:ガチャひいたよって言って、全部のキャラ送ってきたり(笑)。

――モンストについてのエピソードはありますか?
田中:(モンストは)気づいたらみんなやってたもんね。
松村:グループになる前から、各々やってたね。
田中:グループになって長期の舞台があると合間のリフレッシュが大事だから、モンストの力を借りて。6人全員同じ楽屋だから、ずっとモンストやってましたね。

――今回は制服姿での撮影でしたが、学生時代の思い出をお聞かせください。
髙地:高校生の時、起きれなかったな~。中学校の時は朝、強かったんだけど。
松村:軽くて弱くて長い、話が(笑)
京本:学校同じだった人が4人いるから。樹とボクと北斗と慎太郎と、かぶってた時期もあるんで。
田中:北斗すごかったですよ。ず~っと教科書読んでたよね。
松村:ひたすら勉強してました。ずっと教科書を見てるから、樹がオレに「平成の二宮金次郎」ってあだ名付けて。モンストでキャラクター化できませんか?「平成の二宮金次郎」って(笑)。
森本:高校の時、モンストでノンノが出たんですよ、赤ずきんノンノ。超強いって話題になって、学年中で誰が最初に手に入れられるか競争になりました。
松村:ジェシーは今でこそ誰とでもからめるけど、学生の頃はずっとノートとり続けてたよね。
田中:あんな「カニ!」なんて100%やらなかった。
ジェシー:やらないです。ずっとカニの中にいたもん(笑)。友達が作りづらかったのよ。みんな個々に強かったから、キャラが。とりあえず勉強してたんです。ずっと文字を書いてました(笑)。

――「仲間」をテーマとしたCMですが、メンバーの仲はどんな雰囲気ですか?
京本:空き時間はぜったいしゃべってるね。
田中:意見のぶつかり合いはあるけど、ケンカはないです。
髙地:思ったことを何でも言い合える仲だよね。
ジェシー:ずっと話して、ゲームで慎太郎が作ったやつをひたすらやって、笑い合って。
田中:かと言って、プライベートでずっと一緒にいるわけではなくて。仕事場で会ったら休む暇もなくずっと仲良くしゃべって、モンストやって。あ、でも、プライベートでもモンストだけはやるね。一緒にいなくてもできるから。
京本:グッジョブが助かるね。グッジョブが合図で、樹にSS(ストライクショット)打つタイミングを教えてもらう。

――今後の活躍が期待されるSixTONESですが、抱負をお聞かせください。
ジェシー:とくに決めてませんね。今ある仕事を全力でやって、次のステップに繋げていって。
田中:先々の目標を決めるというか、「この仕事を、最善を尽くして頑張ろう」と。1個1個、別のレースをやっている感覚です。
京本:逆に楽しみにしてます。どういう未来が待っているか。
ジェシー:オレたちがやりたいと思っている以上のお仕事をいただくので、これはもう考えずに、感謝して全力でやっておこう、と。あとは…巻き込みたいですね、世の中を。社会現象のようなアクションがあればいいな!

――CMをご覧になる全国のみなさんへのメッセージ
ジェシー:皆さんこんにちは、今回モンストのCMに出演しています
メンバー:SixTONESです!
田中:僕たちSixTONES、全員昔からモンストをやっていて、本当に本当に面白いアプリです!
森本:ダウンロードしたらみなさんがハマること間違いなし!!
松村:1人でも仲間とでも楽しめるので、ぜひ僕らと一緒にモンストしましょう!
京本:モンストを通じて素敵な仲間との出会いを見つけてもらえたら嬉しいです!
髙地:それでは、僕らSixTONESが出演しているCMをご覧ください!

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ