米津玄師、大泉洋主演ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の主題歌を担当 第一話放送で起用が明らかに

SPICE

2019/7/8 00:20


米津玄師が日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)に書き下ろしの新曲「馬と鹿」を主題歌として提供していることがわかった。

『ノーサイド・ゲーム』は池井戸潤氏の同名書き下ろし小説を原作としたドラマ。エリートサラリーマンが上司主導の企業買収に異を唱え、工場の総務部長に飛ばされ、巨大赤字を抱えた企業ラグビーチームのゼネラルマネージャーを兼務することに。出世の道を断たれたサラリーマンが再起を賭け戦っていく姿を描く作品。主演の大泉洋は、池井戸作品初出演を果たす。そのほか、松たか子、上川隆也らが出演している。

「馬と鹿」は本日7月7日に初回放送を迎えた『ノーサイド・ゲーム』放送にて解禁。ドラマ終盤にて、予告なしで米津の歌声が聞こえてくることとなった。日曜劇場の池井戸作品が、主題歌を起用するのは今回が初めてのこと。
米津玄師 Photo by 山田智和
米津玄師 Photo by 山田智和

米津はTwitterで、「TBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」の主題歌を担当させて頂きました。「馬と鹿」という曲です。大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。素敵なドラマとご一緒できて嬉しいです。どうかよろしくお願いします」とコメントしている。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』は、現在民放公式ポータルTVerと、動画配信サービスParaviで第1話を見逃し配信中。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ