『午前0時、キスしに来てよ』橋本環奈のライバルに八木アリサ 片寄涼太との2ショット到着

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優の橋本環奈がダブル主演を務める映画『午前0時、キスしに来てよ』に、モデルで女優の八木アリサが出演することが発表された。片寄演じる国民的スター・綾瀬楓の元カノ・内田柊役で、元恋人同士の楓と柊が夜のバーで見つめ合う2ショット写真も解禁された。

【写真】「八木アリサ」フォトギャラリー

みきもと凜の同名人気漫画(講談社「別冊フレンド」連載中)を実写化する本作は、大スターと普通の女子高生の秘密の恋を描くラブストーリー。片寄が国民的スター・綾瀬楓役、橋本が普通の女子高生・花澤日奈々役で初共演するほか、日奈々の幼なじみ・浜辺彰役を眞栄田郷敦が演じる。

優等生の花澤日奈々(橋本)は超真面目人間として一目置かれる存在だが、本当はおとぎ話のような王子様との恋愛に憧れる夢見がちな女子高生。ある日、国民的人気スター・綾瀬楓(片寄)が映画の撮影で日奈々の高校にやってきた。エキストラとして参加することになった日奈々は、彼が女子高生のお尻ばかり眺めているのを目撃。驚きつつも、その飾らない素顔と優しさに引かれていく。一方、楓も裏表のない日奈々の実直さに引かれるようになり、芸能人と一般人の隠れた恋が芽生える。住む世界が全く違う二人には、思いも寄らぬ障害が次から次に押し寄せる。そして、ひそかに日奈々を思い続けてきた幼なじみの浜辺彰(眞栄田)が、楓に宣戦布告―。

八木が演じる内田柊は、日奈々の恋のライバル。国民的スター・綾瀬楓の元カノで、自身も売れっ子の美人女優というカリスマ的な存在だ。別れたあとも密かに楓のことを想い続け、日奈々の前に立ちはだかる。

八木は、自身が演じる柊について「日奈々の恋敵という役どころですが、実はまっすぐな想いをもった優しい女の子です。そんな柊を丁寧に演じられるように役と向き合いました」とコメント。続けて「初めて京都弁にも挑戦しています! 女の子の憧れがたくさん詰まっているまぶしい物語になっていますので、ぜひ劇場できゅんきゅんしてください」と作品をアピールしている。

今回解禁された2ショット写真は、普通の女子高生である日奈々のかわいらしい雰囲気とは正反対の、クールで大人の魅力を放つ柊の姿が写し出されており、元恋人同士のただならぬ雰囲気が漂っている。果たして、恋のライバル・柊が2人にどのような波乱をもたらすのか興味がそそられる写真となっている。

映画『午前0時、キスしに来てよ』は12月全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ