藤原竜也、本郷奏多の願い事を「ブッ飛んでる!」と絶賛

 俳優の藤原竜也が5日、都内で主演映画『Diner ダイナー』の初日舞台挨拶に登場。玉城ティナや窪田正孝、本郷奏多、武田真治など“濃いメンツ”に囲まれながら、撮影を振り返ったほか、七夕の“ブッ飛んだ願い事”を披露した。

【写真】『Diner ダイナー』初日舞台挨拶の様子

本映画は、平山夢明の同名小説を原作とするアクションエンターテインメント。店主も客も全員殺し屋の「ダイナー(食堂)」を舞台に繰り広げられる壮絶なやり取りを活写する。蜷川実花監督にとって映画3作目で、初めての男性主演作となる。

今回のイベントには藤原や玉城、窪田、本郷、武田の他、真矢ミキ、奥田瑛二、 蜷川監督が出席した。

元すご腕の殺し屋にして、ダイナーの天才シェフのボンベロを演じた藤原は「大変な現場でした」と述懐。12時間にわたって雨に打たれた撮影では「(途中から)真矢さんがいらして立ち回りをすると、拍手が起きる。ちょっと待て待て待て、と。オレ、12時間くらい朝からやって、拍手の1個もないじゃないか」とボヤくと、真矢が「年齢いってるから、盛り上げないと死んじゃうんじゃないかというご配慮なんですよ、あれは」と弁明。さらに、蜷川監督から「竜也の大変なところは、『できて当たり前』と皆が思いすぎちゃっているところ」と指摘されて、藤原はうなずいていた。

ダイナーの新人ウェイトレス・オオバカナコ役の玉城は、蜷川監督に「この豪華なメンバーの中で、なぜカナコという役に(自身を)当てはめたのか。(クランクインにあたって)不安はなかったのか」と質問。蜷川が「何か(人よりも実力・雰囲気などが)抜けている。何の不安もなかった。『絶対大丈夫!』という思いが、皆さんに対してすごくあった。『絶対すごいものになるに決まっている!』と思って、キラキラしてモニター前にいた」と答えると、玉城は「私も蜷川さんをずっと信じていたので良かったです」と満足そうにほほ笑んだ。

ステージ上では、本作および7月7日の七夕にちなんで、“ブッ飛んだ願い事”を披露することに。藤原は、本作の撮影で唯一メキシコに行った蜷川監督に向けて「『ダイナー2』撮影! オールメキシコロケ!」と熱烈にリクエストした。

玉城は「変身したい」と回答。「趣味が旅行なので、1人で海外に行ったりする。その時『女の子1人だと危ないよ』と言われるのが嫌なので、そういう時、体格のいい大きい男の人に変身して、強く見せたい」と説明した。それを聞いた武田は「玉城さんの魂が、私の身体に宿るということですか? なんかちょっとしたドキドキが…」と漏らし、横にいた窪田に「会ってやろうか? その時。会いたくない?」と誘い、窪田を笑わせた。

本郷は「食事をしなくても死なない身体になれますように」と答え、「最初は『人を殺してもウンタラカンタラ…』と書いていたけど、何人かの大人たちに『それは本郷さん、コンプラ的にやめましょう…』と言われて、本郷奏多らしい回答にした。食事があまり好きじゃないので、これだったら最高」とニコリ。それを聞いた藤原に「ブッ飛んでる」と褒め称えられていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ