大桃美代子、視覚障害者の男性に声をかけて「反省」 その理由が考えさせられる

しらべぇ

(Wachiwit/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)
生きていくうえで支え合うことは大切。しかし、いざ手助けしようと思うと、どう声をかけていいのか意外と難しかったりすることも。

タレント・ニュースキャスターである大桃美代子のブログが注目を集めている。

■視覚障害者の男性を案内


この日、「魔法の言葉」というタイトルでブログを更新した大桃。駅で杖をつきながら、点字ブロックを歩いている70代くらいの男性とのエピソードを綴り始める。

手助けしたいと思った大桃が男性に「大丈夫ですか?」と声をかけたところ、案内することになったという。男性は家に帰る途中で、歩き慣れた道だったのもあって、見えているかのように歩いていたが、人が増えて肩を貸して歩き始めると「僕はひとりで行けるけど、人が連れて行ってくれると、早く着くんだよね」と言ってくれることに。

■「大丈夫ですか?」は良くない?


しかし、当初の目的地に着くと、「大丈夫ですか?」という問に対し、男性は「大丈夫です」と反応。別れることになったのだが、もう少し手助けできたのではないかと思った大桃の心にはモヤモヤが残ることに。

そしてその後、友人と話していた際に「視聴覚障害者の方に話しかけるときは、何かお手伝いすることはありますか?」と聞くのがいいとアドバイスされたという。その理由は「大丈夫ですか?」と聞くと反射的に「大丈夫です」と答えてしまうというものだった。

この体験を通じて、大桃は「私は声かけがまちがっていたのだ」「反省、反省」と綴ったのだった。

■「参考になる」「ひとつ学びました」


このブログ記事について、読者からは「参考になる」などの声のほか、障害者の家族からのコメントも。

「私の娘も視覚障害者です。今は外に出で1人で歩きませんが、お友達の全盲の方はひとりで旅行も行けるくらい活動的です。大丈夫と本人は思っててもやはり声をかけてくれる人がいたり、手助けしてくれると本当に安心するし嬉しくなるようです」

「参考になりました。ありがとうございます」

「こんなふうに障害者の方のこと、気にかけてくれて、声かけてくれて、そんなことが当たり前の世の中であってほしいと思います。でもこうして発信してくれる方が一人でも多くいると、勇気を出して声をかけてくれるようになるんじゃないかなって思います」

「私は駅のホームで視覚障害者の肩をみかけたので、お手伝いしましょうか? と声をかけながら肩に触れたら、ギャーーーーーーと大声で叫ばれてしまったことがあります。びっくりして、そして周りの人からの視線も痛くて、心臓バクバクしながらそのまま電車で移動した記憶があります。とてもショックでした…もう余計なことはしないでおこう、と落ち込んだのですが、私の認識不足だったと知ってひとつ学びました」


■「大丈夫じゃないのに大丈夫」経験ある?


しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1363名に、「大丈夫じゃないのに大丈夫と言ったことがある」か、調査を実施。その結果、全体の6割以上が「あるほうだ」と回答した。



自分の行動を「反省」と綴った大桃だが、他者のことを気遣う優しさに、心打たれる人は少なくないのではないか。

・合わせて読みたい→5歳の娘が就寝直前に「飴を食べたい」と言い出して… 夫の対応に妻は感嘆した

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1363名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ