斎藤工&窪塚洋介&池内博之、すぐに意気投合「斎藤くん、監督してよ」

dwango.jp news

2019/7/2 13:49


今までのイメージを一新し、ロック調な音楽にそってストーリーが展開していくIndeedの新しいCMシリーズがスタート。斎藤工、窪塚洋介、池内博之の男性3人組が登場する「#アフター6 近況シェア」篇と、従来のCMシリーズでおなじみの泉里香と、本シリーズより新たに加わった沢尻エリカ、二階堂ふみが登場する「#アフター6 無茶振り」篇が2019年7月2日(火)から全国でオンエアとなる。

6月末より、新キャストの6名が証明写真を撮っている内容のティザーCM「#アフター6 証明写真 men」&「#アフター6 証明写真 women」篇がスタートし、Indeedの新しいCMシリーズがスタートすることを予期させる中、今回の新CMが満を持してOA開始となる。

従来のCMシリーズとは異なり、実際にいそうな転職世代で、それぞれキャリアが異なる、仲良しな男性3人組と女性3人組の6人のストーリーが展開していく作品。同世代のリアルな“転職トーク”をテーマに、普段の会話の中のワードが、Indeedでの“仕事探し”に繋がる事を表現した新CMが完成した。

職種や働き方がそれぞれ異なる男女6人のストーリーが交錯していくなど、今後のストーリーにも注目したくなるCMだ。それぞれの役柄の設定や、相関図、CM内の小ネタは、CM特設ページ内にて公開。

「#アフター6 近況シェア」篇では、たくみ(斎藤工)、ヨースケ(窪塚洋介)、いけ(池内博之)、の仲良し3人組がアメリカンダイナーで談笑しているところからCMが始まる。ヨースケがジューシーなチーズバーガーを豪快に頬張りながら「最近どうよ?」といけに近況を問う。いけは無愛想に「別に。」と答えるも、ふと思い出したかのように、会社を辞め“コンサル(ティング会社)”に転職した近況をシェア。するとヨースケは、コンサルにかけ、「サル顔だもんね」とからかうと、いけもそのいじりに照れながらも“サル顔”で応酬。続けて、たくみが「場所は?」と尋ねると、いけはドヤ顔で「丸の内」と返答。すかさずヨースケから「丸顔だもんね」と再びいじられたいけは、全力で顔を膨らませ丸顔を披露し、3人は笑いながら談笑する。

そして、その流れで、ヨースケがたくみに近況を尋ねると、たくみは、「たくちゃんねる。」と意外すぎる返答をし、二人は驚きを隠せない。2人で見合わせていると、たくみは淡々とした表情でスマホを胸ポケットから取り出し、動画チャンネルの視聴を2人に勧める。意地でもチャンネルを見まいと目をそらす2人と、意地でもスマホを見せたいたくみとの男同士ならではの仲の良さを表現したCMだ。

CM撮影では、不動産営業の斎藤工、自由業の窪塚洋介、コンサルタントの池内博之は、それぞれの職業の役柄に合わせたビジネススタイルの服装で現場入り。池内は「洋介と共演するのも久しぶりで、嬉しいです!」と窪塚との再共演を喜びあう中、撮影がスタート。和気あいあいと撮影が始まるも、カメラが回り始めると俳優らしい真剣な顔つきで演技について意見交換をし始める。池内が“サル顔”をするシーンでは、食べながら演技をしなければいけない窪塚だったが、「(いけの)顔まねで笑っちゃうよ。」と笑いを堪えるのに必死な様子を見せるなど、実際の友達のようなやり取りを繰り広げる。すると池内もノリノリになり、様々なパターンの顔まねを披露し始める。サルのモノマネでふざけている池内に対し、「ほんとにサル顔だね、真似をしてる時に本当にサルに見えるもん(笑)後ろにジャングルが見える!」とサル顔の演技を大絶賛する窪塚だった。本篇と同様に、終始3人の仲睦まじさを感じるシリーズ初日となった。

<斎藤工・窪塚洋介・池内博之 インタビュー>
――Indeed の新しいCMシリーズの感想と撮影を実際されての感想を聞かせてください。またお互いの印象は。

斎藤:新しいCMシリーズという事でドラマ仕立てになっていて、とてもワクワクしました。しかも窪塚さんと池内さんと共演できるなんてIndeedさんならでは、です。

窪塚:ありがとうございます!僕は撮影中ずっと脂っこいもの食べていたので胃もたれしていますね(笑)

池内:3人での絡みっていうのは初めてだけどすぐに意気投合しました。洋ちゃんと久々に共演できたことも嬉しかったですね。

斎藤:画面で見てきた方々ですからね!世代的に、お2人と仕事がご一緒できるなんて、感慨深いです。

窪塚・池内:恐縮です!ありがとうございます!

――お仕事の合間などで俳優業についてなどお仕事の話はされますか。
斎藤:お2人とも本人のアイデンティティを持って様々な道を切り開いていて、かっこいいと思います。

池内:今回をきっかけに今後も色々と情報交換しましょう!

窪塚:斎藤くん、めちゃくちゃ映画詳しいしね。

――女性3人バージョンとして泉里香さんに加え、沢尻エリカさん、二階堂ふみさんが新たにメンバーに加わったCMを実際に見ていただきましたが印象はいかがでしたか。

斎藤:泉さんはそれこそ100変化を共にしてきた仲で戦友感あるので、(泉さんは)気になります。沢尻さんも二階堂さんも代わりのいない方たちなのでお2人が加わることでどんな化学変化が起こるか一視聴者として楽しみです。

窪塚:まったく同感です!(笑)

池内:同じくです!(笑)本当に3人とも素敵な女優さんですよね。

窪塚:設定が映画のようにしっかりしていて、これで終わったらもったいないなと感じました。

――俳優業以外で挑戦してみたいことはありますか。

斎藤:YouTuberのような新しい職業は今後どんどん増えてくると思うので、好奇心を持って飛び込んでいきたいと思います。映画の形も変わりつつあって、ちょうど変換期に来ているので距離を取りすぎずにチャレンジしていきたいです。

窪塚:小学校の文集には羊飼いになりたいと書いていたので、そろそろ叶えるタイミングがきたと思っています(笑)

池内:建築関係の仕事ですかね。ずっと建築設計士になりたかったんです。

斎藤:さっきボディビルダーって仰ってなかったでしたっけ?(笑)

池内:それは、今回のCM内での趣味が筋トレだったので、今後展開があればボディビルダー目指そうかなと(笑)

――CMがシリーズ化していく可能性もありますが、今後の展開予想をお願いします。

斎藤:シリーズになって、「実は短編みたいな一本の映画になっていました」ってことになったら夢があります。あとは「たくちゃんねる」で世界配信したり(笑)

窪塚:同感ですね(笑)本当にもったいないので、このメンバーで映画とか舞台とかに落とし込めればいいですね。

池内:僕もほとんど同意見ですねー、先の展開が気になるので・・・映画化いいよね!

窪塚:斎藤くん、監督してよ。

斎藤:スマホで映画撮れる時代ですしね!

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ