三宅健、40歳! 『セミオトコ』ヤンキー姿でサプライズ誕生祝い

 Hey!Say!JUMPの山田涼介主演で7月にスタートする連続ドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)に“伝説のヤンキー”役で出演するV6の三宅健が、7月2日に40歳の節目となる誕生日を迎え、撮影現場でこのほどお祝いのセレモニーが行われた。

【写真】三宅健が登場した六本木歌舞伎第三弾『羅生門』製作発表会見の様子

本作は、東京郊外のアパート「うつせみ荘」を舞台に、人間の姿になったセミ(山田)と、食品工場に勤めるアラサー女性・大川由香(木南晴夏)との、セミの命が尽きるまで7日間限定の共同生活を描く。三宅は、由香の兄で、地元では有名な“伝説のヤンキー”健太役を演じる。

そんな三宅が40歳の誕生日を迎えた。撮影現場には三宅のほか、妹役の木南、そして両親役の高杉亘、田中美奈子もそろい、大川家家族団らんのシーンを撮影。そのシーンの合間にお祝いのセレモニーが開かれ、大きなケーキと花束で三宅の誕生日を祝った。

スタッフがケーキを持って登場すると、周りからは「おめでとう!」という声と拍手が。木南から花束を手渡されると、三宅は「ありがとうございます! 撮影初日からこんなにお祝いしてもらえてうれしいです」とはにかみながら感謝の言葉を述べた。

木南も「かわいい」と絶賛したケーキには、たくさんのフルーツが盛られ、その中心にはヤンキー座りをした健太の姿が。「健太参上」と書かれた旗も立てられ、ドラマの中の三宅の役にぴったりなケーキに、三宅も終始うれしそうな笑顔を浮かべていた。

40歳という節目を「二度目の成人式を迎えるようなものなので、しっかりしなくてはと思っています」と表現した三宅。「襟元正して、しっかりやっていきたい」と力強い抱負も語った。

金曜ナイトドラマ『セミオトコ』はテレビ朝日系にて7月26日より毎週金曜23時15分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ