アンジェリーナ・ジョリー主演『マレフィセント2』、日米同日公開決定

 女優アンジェリーナ・ジョリーが主演を務める映画『マレフィセント2』の日本公開日が、全米と同じ10月18日に決定。さらにアンジェリーナ演じる“邪悪な妖精”マレフィセントが妖艶ながらも憂いを感じる複雑な表情を見せるポスタービジュアルが完成した。

【写真】映画『マレフィセント2』主演の「アンジェリーナ・ジョリー」フォトギャラリー

本作は、ディズニー・クラシック・アニメーションの金字塔として半世紀以上も世界中で愛され続けている『眠れる森の美女』に隠されていた“禁断の呪い”が生んだ究極の愛の物語を描き、全世界で大ヒット、日本ではアンジェリーナ主演作としても史上No.1を記録した『マレフィセント』(世界興行収入7億5853万9785ドル※box Office Mojo調べ)の続編。

主人公は『眠れる森の美女』のヒロイン・オーロラ姫に“永遠の眠り”の呪いをかけたマレフィセント。ヴィランからの視点という大胆な解釈で、誰も知らなかった“本当の物語”として描かれた前作では、これまでの善悪の概念を覆し、マレフィセントの本当の姿と真実の愛を映し出した。その運命的なドラマと今を生きる女性像はアンジェリーナ自身のライフスタイルとも重なり、多くの女性からの賛美と共感を呼んだ。

続編となる本作は、“邪悪な妖精”として恐れられていたマレフィセントが真実の愛を見つけた数年後が舞台。穏やかに暮らすマレフィセントとオーロラの絆を引き裂き、マレフィセントを再び邪悪な存在へ連れ戻そうとする敵が忍び寄る。オーロラ姫の婚礼の日にかけられた“新たなる呪い”をめぐり、マレフィセントの“究極の愛”が試される。

アンジェリーナは主演のほか製作総指揮も担当。長年のパートナーであったブラッド・ピットと離婚し、新しい道を歩む彼女がどのようなマレフィセントの女性像を描くのか期待される。オーロラ姫役もエル・ファニングが続投。注目の新キャストとして、二人の運命を左右する謎の王妃イングリス役で名女優ミシェル・ファイファーが参加する。監督には『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のヨアヒム・ローニングが起用された。

映画『マレフィセント2』は日米同日の10月18日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ