大泉洋、TEAM NACSのメンバーにジェラシー?「池井戸先生にお金を積みました」

7月7日スタートの大泉洋が主演を務める日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系、毎週日曜21:00~)の制作発表イベントが6月30日、都内で行われ、大泉のほか、松たか子、高橋光臣、眞栄田郷敦、笹本玲奈、西郷輝彦、大谷亮平、上川隆也が登壇した。

同ドラマは池井戸潤の同名小説が原作。ヒットメーカーの伊與田英徳プロデューサーと福澤克雄監督が映像化を手がける。大泉が演じる大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人は、出世レースの先頭に立ち、幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。総務部長として工場に赴いた君嶋だったが、さらなる厄介事が発生。かつては強豪だったが、現在は成績不振にあえぐトキワ自動車のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するように命じられてしまう。ラグビーの知識も経験もない君嶋が、チーム再建に取り組む姿を描く。

大泉は「日曜劇場といえば池井戸先生の作品というイメージがありますが、私がまさか主演をさせていただけるなんて光栄です。1話を見て本当なんだなと実感できました」と喜びをかみしめた。その一方で、所属するTEAM NACSの他のメンバー全員が、すでに池井戸原作のドラマには出演済みであることに少し焦っていたといい「だから池井戸先生にお金を積みました。すみません! ひどいウソをつきました」と際どいジョークで笑わせた。

福澤監督が手掛けるドラマには大勢のエキストラが参加することで知られているが、今作にも大勢のエキストラが参加している。大泉は「監督は台本を読んでないエキストラさんに芝居を要求するんです」と監督のこだわりを明かし、「ですからたくさん集まってくれたエキストラさんに僕はご挨拶という名のトークショーをしてるんです。運がよければ私のトークショーがついてますから、ぜひ参加してもらいたい」と呼びかけた。

キャスト陣はそろって初回を鑑賞したそうで、大泉は「松さんは大学時代の僕を見てずっと笑ってました」と、松が現在よりボリュームアップした髪型の自分を見て爆笑していたという。松は「地毛なのかな? って思ったんです」と笑いながら弁明。上川は初回の見どころについて「大泉洋さんの足の白さですね」と即答。続けて「洋ちゃんが体を張るシーンは胸に来るものがある」と話していた。

その大泉と松は夫婦役。自宅で隼人は松演じる真希の尻に敷かれていることについて、「家に行った瞬間、あそこまで弱いっていうのは、私はね、割とリアルだと思うんですよ。絶対に多いと思う、こういう人。私がそうだって言ってるわけじゃないですよ! 私は亭主関白の代表って言われてますから!」と宣言して笑わせた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ