松岡昌宏、後輩・横山裕に危機感? 「グリル厄介」での奮闘ぶりに称賛殺到

しらべぇ

2019/7/1 06:00




6月30日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)「グリル厄介」で、松岡昌宏が後輩への危機感から大奮闘したことが話題だ。

■カミツキガメの駆除に挑戦


松岡昌宏・国分太一・加藤英明氏(静岡大)の3人は、厄介史上危険度No.1で、「噛まれたらアウト」といわれるほど凶暴なカミツキガメを駆除するため静岡県を訪れる。

3人は早速川の中に入り捜索を開始。しばらくすると、加藤氏が潜んでいそうな横穴を発見。久しぶりの松岡昌宏に、「本当にカミツキガメの穴か、手を入れてチェックしてください」と促す。

「試された」形となった松岡だが、全く怯むことなく穴に手を入れる。国分が「凄いな松岡」と驚くなか手を入れまくり、その強心臓ぶりを見せつけた。

■松岡奮闘の理由は…


「撮れ高」を気にする加藤氏は、「ヘビがいますから気をつけてください」と、松岡が最も嫌う動物がいることを匂わせる。ヘビ嫌いで知られる彼だが、怖がる素振りも見せず、穴に手を入れ続けた。

その理由は「グリル厄介」で目覚ましい活躍を見せ、レギュラー出演者になりつつある横山裕。松岡は対抗心を持っているようで、「見てろよ後輩」いうテロップがでるなか、穴に手を入れカミツキガメを探す。

■倒れるシーンも


加藤氏の提案で、サンマを餌とした罠を仕掛け、カミツキガメを捕獲することにして、さらにほかの場所を捜索する。またも加藤氏は「でかいアオダイショウがいるか気をつけてください」と松岡に声を掛ける。

さすがに不安になった松岡は「足も噛まれる可能性はあるよね…」と声を出すと、何かを踏んだようで、「うわ」と叫び川に倒れ込んでしまう。

「噛まれたらチャンス」とお決まりのフレーズを掛けられると、「いやチャンスじゃないよ」と不安そうな声。それを見た国分は「松岡、今のはかっこ悪い」と笑った。

■料理店で電話応対も


夜までのロケで無事カミツキガメを捕まえた3人は、東京・東大井の「食事処 味利」へ。元ホテルの料理長で、19年間1人で営業しているというシェフの岩田利夫さんに料理を依頼する。

ここでまたも奮闘したのが松岡。店の電話が鳴っているのを見るとおもむろに取り、「はい、味利です。ごめんなさい鉄腕DASH松岡です」と応対。

さらに「4月分のガス料金が確認できないからもう1回振込票を送りますかって…」と要件を伝え、「じゃあ送ってください」と岩田さんに返されると「もう1回お願いします。すいません、よろしくお願いします」と、電話対応をこなす。

再度料理を待っていると、またも電話が。なんと、『火曜サプライズ』(日本テレビ系)の制作会社「ジーヤマ」からの打ち合わせ依頼電話というハプニング。

ここでも松岡は「今『鉄腕DASH』回してるから…」と冷静に対応。タイミングの良い偶然に笑いが漏れた。そして3人は岩田さんの料理を絶賛し、今回の「グリル厄介」は終了となった。

■視聴者は松岡の奮闘を称賛


久しぶりの「グリル厄介」で、横山裕に負けじと捕獲作業に奮闘し、食堂の電話対応までこなした松岡の奮闘ぶりに、視聴者からは称賛の声が上がった。









■「松岡らしさ」を存分に見せつける


ドラマや舞台などで『鉄腕DASH』に出演しない回も多く、横山裕や村上信五など、強力な後輩の出現に危機感を覚えている様子の松岡昌宏。

しかし、今回の放送で見せた奮闘ぶりと強烈な個性を見て「やっぱり松岡でなければダメ」と感じた人も多かった様子。これからも「松岡らしさ」を存分に発揮し、『ザ!鉄腕!DASH!!』を盛り上げてもらいたい。

・合わせて読みたい→TOKIO、18年目で最大のピンチを乗り越えコメを収穫 称賛の一方で山口達也氏不在を嘆く声も

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ