メーガン妃の態度に問題あり? ナニーがわずか6週間で2人辞職

先月に第1子アーチーくんが誕生したヘンリー王子とメーガン妃夫妻だが、愛息の“ナニー探し”が難航していたようだ。誕生からわずか6週間に2人のナニーが辞任、このほど3人目が採用されたことを複数のメディアが伝えている。

そのファッションや言動が「掟破り」「セレブ気取り」などと揶揄されることの多い英王室メーガン妃。妊娠中も英王室御用達名医の立会いを断り、病院玄関口でのベビーお披露目もしないと宣言するなど、とことん“メーガン流”を貫いてはバッシングを浴びていた。

そんなメーガン妃のもとに第1子アーチーくんが誕生したのは先月6日のこと。その2日後には母になった喜びを、

「まるで魔法のようです。本当に素晴らしい。世界最高の男子2人がそばにいてくれるんですもの。私は最高に幸せです」

と明かしている。

妃の出産2週間ほど前から英国入りしていた母ドリアさんは、アーチーくん誕生後は約2週間滞在したのみで5月半ばにウィンザーを後にしたため、その後は「誰がアーチーくんの世話を手伝うのか?」と夫妻のナニー探しに注目が集まっていたが、今月半ばには英米複数のメディアが英国生まれの女性ナニーが採用されたこと、その際に細かい事項が多数盛り込まれた守秘義務契約書に署名をさせられたことなどを伝えていた。

しかしここに来て複数のメディアは、夫妻がなんと3人目のナニーを採用したようだと報じた。まもなく生後8週を迎えるアーチーくんだが、誕生からわずか6週間に2人のナニーが辞職、そしてこのたび新たに3人目が採用されたとあって、頻繁すぎるスタッフの入れ替わりに人々は眉をひそめているようだ。

昨年11月にはメーガン妃のアシスタントだったメリッサ・トゥバチさんが就任からわずか6か月で辞職、夫妻の個人秘書エドワード・レーン・フォックスさん、後任に就いたベテランのサマンサ・コーエンさんも立て続けに辞職した。今年1月には女性ボディーガードが着任から6か月で夫妻のもとを去り、最近では妃の個人秘書アシスタント、エイミー・ピッカリルさん、ヘザー・ウォンさんも次々と辞職している。

芸能情報サイト『Radar Online』は他にもメーガン妃の横柄な態度に耐えかねた王室専属パイロットが辞職したことや、妊娠中に頻繁に食べ物を持ってくるよう命じる妃の態度に「王室スタッフはうんざりしていた」といったエピソードを関係者の証言として報じている。

しかし別の関係者は、成長過程によりナニーに求められるスキルは変化すること、このほど辞職したナニーは夜間ナースだったことなどを理由に挙げ、ナニー探しはあくまでも夫妻の個人的な選択であり、大切な我が子に関する決断を夫妻は時間をかけて慎重に行っているまでだと英メディア『The Sun』に明かしている。

そうは言ってもメーガン妃の王室入り以来、ハイペースでスタッフが辞職していることは紛れも無い事実であり、その離職率の高さが「傲慢でディーバ気取りな性格」と関連付けて取り沙汰されてしまっても致し方ない―というのが一般的な意見であろう。

先日、今秋のアフリカ訪問にはアーチーくんも同伴すると発表したばかりのヘンリー王子とメーガン妃。おそらくナニーもこのロイヤルツアーには同行予定であることから、“ディーバ”なメーガン妃のお眼鏡にかなったナニーとは「一体どんな人物なのか?」にも人々の関心が集まりそうである。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年5月8日付Instagram「Today The Duke and Duchess of Sussex are delighted to share their first public moment as a family.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ