熊田曜子が夫への料理を作り続ける理由を告白 「主人のお母さんが“胃袋をつかめ”と」

wezzy

2019/6/29 19:15


 28日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演した熊田曜子が、先日のInstagramのストーリーズ投稿について経緯を語った。

熊田は今月12日と18日、ストーリーズで、夫が夕食を「食べる」と言ったにもかかわらず食べなかったことを綴り、話題になっていた。

『ノンストップ』では毎週金曜日、「NONSTOP! サミット」というコーナーがあり、「女性・主婦が気になる話題をスタジオ生で徹底討論」する。28日のテーマは「夫婦円満の秘訣」で、「夫が『晩ごはんいる』と言うから作ったのに食べなかったら、次作る?」というもの。まさしく熊田曜子に当てたようなテーマだった。

先日のストーリーズ投稿が話題になり、びっくりしたという熊田は、<うちにとってはそんなに珍しいことではなくて、よくあることをストーリーズに、日常を載せたら、話題になった>と説明。熊田は毎日夫に<ごはんいる?>と一応聞く、という。しかし、夫は<いる>と言っても大体食べないため、用意したのに食べないことが<日常化しているんです>とのことだ。

件のストーリーズは12日の投稿。手の込んだ料理にバツ印を付けた写真とともに「朝起きて一番にする家事が一口も食べてもらえなかったご飯の処理。食べるって言ったのに。このパターンもう100回は経験してるけどかなりのダメージ」と書き込み、「100回」という数字に衝撃を受けた人も少なくなかった。

番組で熊田は、<もっとショックだったのが、晩ごはん食べてくれないのに、ごみ箱にカップラーメンのパックがあったことです>と打ち明けた。また、夫は時々自宅で用意した夕食を食べはするが、完食ではなく気に入ったものしか食べないという。

熊田のインスタには「話し合いをすべきだ」とのコメントも多くついているが、熊田が夫に<また食べないの?>と文句を言うと、夫は<また小言おばさんがきた>などと言いながら、どこかへいってしまうそうだ。

熊田曜子の話に、スタジオでは<ひどい!>という反応が続出。ネプチューンの名倉潤は<旦那さん、おかしない!? 作ってくれた人にする対して><子どもなの?>と呆れ返っていた。ちなみに熊田の夫は36歳だという。

大神いずみは<100回は繰り返さないですよ。1、2回繰り返されたら絶対作らない>と憤る。カンニング竹山は<もしかして盛ってあるのが嫌なのかも?>と、料理を皿には盛りつけず炊飯器や鍋に入れたままにして<お腹が空いたら勝手によそって食べるスタイル>にすることを提案していた。

それにしても、明らかに食べない可能性が高いとわかっているのに、なぜ熊田は夫のために手の込んだ夕食を用意し続けるのか。

熊田自身、「作らなければいい」と周囲に言われるという。しかし熊田は<作らないのは夫婦としてどうなんだろう? と思う>そうだ。

気になったのは、大神に<古い><作ることに捉われている>と指摘された際の、熊田の<主人のお母さんが「胃袋をつかめ」というのはすごい言ってて……>という言葉だ。

熊田は2017年10月放送の『ノンストップ!』で義母と関係がぎくしゃくしたことを明かし、今年4月には義母からLINEで説教されたストーリーズで暴露するなど、義母への不満もあるようだ。熊田の家庭問題、根は深そうである。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ