ティム・バートン監督がダンボに乗る!? 『ダンボ』NGシーン集公開

クランクイン!

 ウォルト・ディズニーが手がけた名作アニメーションを、鬼才ティム・バートン監督が実写映画化した『ダンボ』のMovieNEXが7月17日に発売される。発売に先駆け、ボーナス・コンテンツに収録されている映像の中から、NGシーン集が解禁。コリン・ファレルら豪華キャスト陣の素顔が見られる貴重な映像となっている。

【写真】来日したコリン・ファレルと西島秀俊の2ショット

『シザーハンズ』や『チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』などで、強い個性を持つキャラクターたちを独特なストーリー展開で描いてきたティム・バートン監督がオリジナル脚本で実写映画化した本作。“ダンボの物語”だけでなく、ダンボとの出会いにより夢と希望を取り戻していく“家族の物語”を描く、感動作となっている。

本作のMovieNEX発売に先駆けて、この度、撮影の舞台裏を垣間見ることができるNGシーン集の一部が公開された。軽快なサーカス風の音楽にのせてまず登場するのは、笑顔で動き回るホルト役のコリン・ファレル。彼の子供、ミリーとジョーを演じたニコ・パーカーとフィンリー・ホビンスは、ダンボに乗って飛ぶシーンの裏側で、まるでアトラクションに乗っているかのように楽しそうな表情を見せている。

さらに、メディチ・ブラザーズ・サーカスの団長マックス・メディチ役のダニー・デヴィートは、サーカス団のロンゴが演技に失敗した時には悪戯っ子のような顔をしたり、泡風呂のシーンでは大爆笑したりと、団長らしく現場を和ませる一面を見せている。ちなみにこの泡風呂のシーンは、コリン・ファレルがインタビューでお気に入りのシーンの一つに挙げており、「泡だらけのダニーは何度見ても笑える」と大絶賛しているので、ぜひ本編のOKシーンと見比べてほしい。

また、ティム・バートン監督も要所要所に登場しており、本映像の一番の見どころになっている。名優マイケル・キートンへ声をかけて笑わせたり、撮影セットのダンボに乗って今にも空を飛びそうな姿も披露。風が吹いているなか、挨拶するかのように手を振ってみせるバートンは、実は撮影現場を一番楽しんでいる人物なのでは?と思ってしまう。

本作は“家族の絆”がキーワードとなっているが、キャスト陣や監督も現場で家族のように和気あいあいとした空気が伝わってくる、貴重なNGシーン集となっている。

本作のMovieNEXには、NGシーン集のほか、“メイキング・オブ『ダンボ』”、“アニメーション映画『ダンボ』へのオマージュ”、エンドソング「ベイビー・マイン」を担当したアーケイド・ファイアのミュージックビデオなど、ボーナス・コンテンツが多数収録れている。また、デジタル配信(購入)には限定で、作中の魅惑的な「ドリームランド」のシーンを解説した“「ドリームランド」へようこそ!”が収録され、MovieNEXとデジタル配信では、それぞれ異なるコンテンツを楽しむことができる。

『ダンボ』MovieNEXと4K UHD MovieNEXは、7月17日(水)発売。7月3日(水)より先行デジタル配信開始。

ディズニー、ディズニー/ピクサーのMovieNEX・ブルーレイ・DVDを購入すると、先着で「オリジナル トイ・ストーリー レジャーシート」がもらえる<ディズニー MovieNEX・ブルーレイ・DVD サマー・キャンペーン>が7月3日(水)スタート。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ