『午前0時、キスしに来てよ』、片寄涼太のマネージャーに遠藤憲一

クランクイン!

2019/6/28 12:00

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優の橋本環奈がダブル主演を務める映画『午前0時、キスしに来てよ』に、俳優の遠藤憲一が出演することが決まった。片寄演じる国民的スター・綾瀬楓のマネージャー役で、その仕事の大変さを写し出す場面写真も解禁された。

【写真】映画『午前0時、キスしに来てよ』場面写真

みきもと凜の同名人気漫画(講談社「別冊フレンド」連載中)を実写化する本作は、大スターと普通の女子高生の秘密の恋を描くラブストーリー。片寄が国民的スター・綾瀬楓役、橋本が普通の女子高生・花澤日奈々役で初共演するほか、日奈々の幼なじみ・浜辺彰役を眞栄田郷敦が演じる。

遠藤が演じるマネージャーの高橋茂雄は、国民的スターであるにもかかわらず気さくで無防備な行動をとる楓に手を焼きつつも、俳優としての道を極めようとする彼の「一番の理解者」として親身に寄り添う役どころ。さらに、楓と一般人である女子高生の日奈々との恋愛に猛反対しながらも、次第に二人に寄り添っていくという物語の重要なポイントを担っている。

片寄との撮影が多かった遠藤は、共演について「(片寄は)とても清々しくて、綺麗で、美しい人だと思いました。音楽をやりながら演技も両立できる方なので、頑張ってほしいと思います」と太鼓判を押している。

遠藤はまた、マネージャーという役柄について「(相手は)役者とはいえ人なので、その揺れ動く心や感情をもフォローするということは本当に大変なことだと思いました」と語る。遠藤自身の実生活でのマネージャーは夫人が務めており、「女房に支えてもらっていて、面倒ばかりかけているので、きつい思いをしているんだろうな」と夫人をを気づかう一面も。

解禁された場面写真は、遠藤演じるマネージャーの高橋が、撮影現場で楓に日除け傘を差してやる場面と、なぜかクマの着ぐるみの頭部を脱いで疲れ切った表情で座り込んだ場面の2点で、いずれも”マネージャー業”の大変さを垣間見ることのできるカットとなっている。

映画『午前0時、キスしに来てよ』は12月全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ