藤原竜也による「俺は~ここの~王だッ!」誕生までの道のりが明らかに 『Diner ダイナー』メイキング映像を解禁

SPICE


7月5日(金)公開の映画『Diner ダイナー』から、藤原竜也の熱演をとらえたメイキング映像が解禁された。

『Diner ダイナー』は、平山夢明著の小説『ダイナー』(ポプラ文庫)を映画化したもの。“殺し屋専用ダイナー”で繰り広げられる物語を描いた作品だ。主演の藤原竜也が“ダイナー”店主にして元殺し屋の天才シェフ・ボンベロを演じ、蜷川実花監督がメガホンをとる。また、物語の鍵を握るウェイトレスの“オオバカナコ”役で玉城ティナが出演。ダイナーに集う殺し屋役で、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら10名が名を連ねている。


初の予告映像が公開された際には、藤原竜也が演じる主人公・ボンベロによる「俺は~ここの~王だッ!」という、歌うような独特の言い回しのセリフが話題に。今回解禁された映像には、同シーン誕生までの様子が収められている。台本上では「俺はここの王だ!」と、シンプルに記載されていた同セリフ。蜷川監督は、この台詞を複数のパターンで撮るようにしていたようだ。藤原は、蜷川監督のスタイルについて、「撮った芝居をOK、もしくはキープしてもう一つ、もう1カット、異なる感情のものを撮る、というのが多かったです」とコメント。さらに、「実際にどのカットをチョイスするかは監督が繋げてみてジャッジするのですが、僕としては新鮮で楽しく、何度も違うアプローチでチャレンジさせてもらいました」と回想。メイキング映像では、ときにやりすぎてしまうほどに、何度も「俺はここの王だ!」と言い続ける藤原の熱演を確認できる。
使用された台本
使用された台本



蜷川監督は、「“俺はここの王だ!”という台詞は、作品の方向性を決める大事なセリフなので、何パターンも撮っていて。もっと変わったパターンをやってみようかとか、あと一つなにか足すとどうなるんだろうと欲張りながら撮影をしているうちに、あんなすごいのが出てきて。結果、一番振り切れてるものを使ってるんですけれど、そういう相談しながら挑戦できたっていうのがすごく大きかったと思います」と振り返っている。

『Diner ダイナー』は7月5日(金)公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ