『人間失格』小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 蜷川実花撮りおろしカット解禁

クランクイン!

2019/6/27 18:00

 俳優の小栗旬と蜷川実花が初タッグを組み、作家・太宰治の代表作誕生秘話を映画化する『人間失格 太宰治と3人の女たち』より、蜷川の撮りおろしによる、場面写真が解禁された。小栗演じる太宰と、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみが演じる3人の女とのそれぞれの関係性を写し出す仕上がりとなっている。

【写真】映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』蜷川実花撮りおろしカット

累計1200万部以上の売り上げを誇る『人間失格』は、太宰が死の直前に発表した遺作。本作ではその誕生秘話を、太宰自身と彼を愛した3人の女たちの視点から、事実を基にしたフィクションとして初めて映画化した。正妻と2人の愛人という3人の女性と並行して関係を持ちながら、自堕落な生活を送り、自殺未遂を繰り返した果てに、愛人と川に身を投げた太宰。その恋と生涯を、膨大なリサーチを経て、蜷川ならではの新解釈とビジュアルで描き出す。

本作の監督で写真家の蜷川が自ら撮影した今回の写真は、正妻・美知子(宮沢)の夫に対しさまざまな感情を飲み込み、抑えた表情の中に潜む繊細なまなざし、太宰の心を強く動かした愛人・静子(沢尻)のかれんな美しさと天真らんまんな少女性、最後の女となった富栄(二階堂)の湿気のある吸引力を写し出す。それぞれの女性と写る太宰の表情もまた、関係性によって全く異なるのも印象的だ。本編でも、この写真同様3人の女たちの感情が寄り集まって、多面体の太宰の全体像があらわになっていく。

太宰と正妻・美知子(宮沢)のカットでは、 献身的な妻であり母であるだけでなく、夫の才能を誰より理解し叱咤する美知子の複雑な表情と繊細なまなざしを、宮沢ならではの演技力で見せている。

太宰と愛人・静子(沢尻)のカットでは、 戦後の混乱の中、上流階級の娘であるにもかかわらず世間体を気にせずただ恋に落ちていきたいと望む静子の、かれんな美しさと無邪気で真っすぐな好意で太宰の心を強く動かす天真らんまんな少女性を、沢尻が華やぐ雰囲気で演じている。

太宰と最後の女・富栄(二階堂)のカットは、 未亡人でありながら、太宰と出会って瞬く間にその魅力に溺れていく太宰の”最後の女”・富栄の、まるで病にむしばまれる太宰の体を独占するかのように盲目的に太宰との情事にふけっていく様子を、二階堂が静子の軽妙さとは対照的に湿気のある吸引力で緻密に作り上げている。

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は9月13日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ