辻希美、加護亜依との生放送当日は絶不調だった 「呼吸しづらく、声が…」

しらべぇ

2019/6/27 12:30




26日放送の『テレ東音楽祭2019』(テレビ東京系)に、元モーニング娘。辻希美と加護亜依が、ユニット「W(ダブルユー)」として13年ぶりに地上波で生パフォーマンスを披露し、大反響を呼んだ。

しかし、辻は当日喘息の症状に苦しんでいたことをブログで明かしており、体調不良をおしてステージに立った姿に、称賛の声が送られている。

■喘息で呼吸がしづらく…


生放送当日、辻は「ついてない日…涙。」というタイトルでブログを更新。マスクをして3男を抱っこ紐であやす写真とともに「季節の変わり目で喘息(ぜんそく)が出て呼吸がしづらく、声がガラガラ…」と体調不良であることを報告していた。

「今日テレ東音楽祭の生放送なのに…涙。とりあえず薬飲んで本番までなるべく声出さないようにして…頑張ろう」と、不安を抱えながら祈るような思いで生放送に臨んでいたことがうかがえる。

■生放送本番は「夢のような時間」に


体調に不安のあった辻だが、生放送本番では『ロボキッス』とWinkの『淋しい熱帯魚』のカバーを無事に披露することができた。

出番を終えた後でブログとSNSを更新し「テレビであいぼんと歌うのは13年ぶりで想像以上に緊張しましたが!! 夢のような時間で、最っっっ高~に楽しかったです」と、思いっきりステージを楽しむことができた様子。

「皆様に温かく見守って頂けたこと…本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。本当に私たちにまた夢のような時間を作ってくださりありがとうございました」と感謝の気持ちも記している。

■圧巻のパフォーマンスに感動


番組放送前、インターネット上では「辻ちゃん喘息出ちゃってるみたいで心配」など、彼女の体調を心配する声も見られた。しかし、不調を一切感じさせない2人のパフォーマンスは、多くのファンを興奮と感動で包み込んだようだ。







中には、13年という時の流れに感慨深くなってしまったという視聴者も。

■体調不良でも仕事を続けた経験は…


しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,732名を対象に実施した意識調査では、全体で約5割の人が「かなり体調が悪くても仕事を続けたことがある」と回答している。



体調が悪い場合には無理せず休むべきであるが、加護との13年ぶりのテレビ生歌唱ということもあり、辻もこの日のステージだけは、特別な思いで臨んでいたのだろう。

パフォーマンスだけでなく、かつてあどけない少女だった彼女たちが母となり、小さい子供を育てながらステージに立つ姿に、感慨深く心打たれた人も多いのではないだろうか。辻の体調が回復することを願いたい。

・合わせて読みたい→辻希美、体調不良で病院検査へ 「もっと長生きしたい」「怖くて不安だけど…」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,732名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ