【レポート】『ランティス祭り』DAY3(9): JAM Projectのステージが大盛況! 幸福感にあふれたグランドフィナーレ!!

OKMusic

2019/6/24 14:30

音楽レーベル“ランティス”が設立20周年を記念し、6月21日(金)~23日(日)の3日間にわたり幕張メッセ 国際展示場 9~11ホールにて開催している『20th Anniversary Live ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG』。その最終日をレポート。

■■ JAM Project ■

『ランティス祭り2019』の大トリを飾ったのはJAM Project。ステージに立った影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹の存在感がものすごい。そして、歌声が会場いっぱいに響き渡った瞬間の輝きは桁外れだった。1曲目に届けられたのは「静寂のアポストル」(TVアニメ『ワンパンマン』第2期OP主題歌 )。5人が歌声を交わし、重ね合うごとに深まり続けた、あのドラマチックさは何と表現するのが良いのだろう? とにかく胸を高鳴らせる他ない衝撃の塊であった。

“早速コラボいくぜ!”とステージに呼び込まれたOLDCODEXのTa_2(Vo)とYORKE.(Painter)。ふたりが加わって実現したスペシャルコラボレーション「THE HERO !! ~怒れる拳に火をつけろ~」(TVアニメ『ワンパンマン』OP主題歌)も、あの場にいた全ての人にとって一生忘れられないひと時となったはずだ。JAM Projectの5人と並び、パンチの利いた歌声をダイナミックに響かせたTa_2。最強のサウンドを全身全霊で感じながら大きな旗を振り、熱いエネルギーを放っていたYORKE.。ピュアな表現衝動がステージ上に渦巻きまくっていた。

“今日という日を本当に楽しみにしていました!”(遠藤)、“最後まで盛り上がっていきましょう!”(きただに)、“疲れていませんか? 短い時間ですが盛り上がってください!”(奥井)、“体力は、家に帰る分以外捨てていってください!”(福山)、“みんな楽しめましたか? ランティスはこれからも羽ばたき続けると思います!”(影山)。メンバー各々の口からメッセージが届けられたあと、再びJAM Projectの5人で繰り広げられたステージも最高に気持ち良かった。エモーショナルなバンド演奏、観客の大合唱で彩られつつメドレーで連発された「Tread on the Tiger's Tail」(『スーパーロボット大戦T』OP主題歌)、「GONG」(『第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』OP主題歌)、「SKILL」(『第2次スーパーロボット大戦α』OP主題歌)はスーパーロボットたちのさまざまな必殺技が押し寄せてくるかのような衝撃だったと言っても誇張ではないだろう。歌い終えたメンバーたちがステージから去ったあとも、興奮冷めやらぬ様子の観客のどよめきが、熱い余韻として客席全体に漂っていた。

本日の公演を盛り上げたアーティストたちが全員集合! アンコールで披露されたのは、全員で大合唱した『ランティス祭り2019』のテーマソング「Starting STYLE!!」。多彩な歌声が豊かに融け合い、観客を温かく包み込んでいく。ステージセットの壁に白いペンキを塗り重ねたYORKE.が、その上に赤色のペンキで“A・R・I・G・A・T・O”と描いたあと、ステージセットに仕込まれたテープを剥がすと、このイベントのロゴである“祭”という文字が鮮やかに浮かび上がった。あの瞬間、観客はもちろん、ステージに立っていたアーティストたちも深い幸福感を噛み締めていたに違いない。今回の『ランティス祭り』のサブタイトルは“A・R・I・G・A・T・O ANISONG”だが、このような素敵な空間を生み出してくれたのは、まさしく“アニソン”だ。感謝の言葉が胸の奥底から沸いてくる最高のフィナーレであった。

セットリスト

■JAM project

1. 静寂のアポストル

2. THE HERO !! ~怒れる拳に火をつけろ~(with OLDCODEX)

3. Tread on the Tiger’s Tail

4. GONG

5. SKILL

<ENCORE>

■Line up

1. Starting STYLE!!2019

text by 田中 大

★レポートは『ランティス祭り2019』公式サイトでも公開中!
https://lantis.jp/20th/report.html

\n

当記事はOKMusicの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ