『聖☆おにいさん』第1回、染谷将太の「欅坂46の平手ちゃんに似てる」発言に大反響

クランクイン!

2019/6/23 12:15

 俳優の松山ケンイチと染谷将太が主演を務めるドラマ『聖☆おにいさん』(NHK総合/毎週土曜23時30分)が22日からスタートし、ブッダを演じた染谷の「欅坂46の平手ちゃんに似てるって言われた」発言にSNS上では、「確かにちょっと似てるかもwww」「なんか平手ちゃんに見えてきたわ」と同意の声が集まっている。

【写真】似てる? 染谷将太と平手友梨奈

本作は、2006年から『モーニング・ツー』(講談社刊)で連載中の中村光による人気ギャグ漫画『聖☆おにいさん』の実写ドラマ化。イエス役を松山、ブッダ役を染谷が務め、第1回となった22日は、「ブッダの休日」「ブッダとイエスのできるかな」「出前のシステム」が放送された。

立川にある2階建て木造アパート松田ハイツ。「ブッダの休日」は、その一室で2人が休んでいるところからスタート。買い物から帰ってきたイエスがコンビニで女子高生に「ジョニー・デップに似てる」と言われたと聞き、ブッダもいそいそと出かけていく…。その後、小学生に白毫を押され悲鳴をあげつつ帰ってきたブッダは「超ブッダっぽいって言われた…」と報告。「(日本でブッダは)有名人だからね」と納得して終わる…というストーリー。

原作はここまでだったが、ドラマでは、「あ、あと…欅坂46の平手ちゃんに似てるって言われた」と台詞を追加。これにはイエスも「…似てる!!!」と激しく同意。SNS上でも「確かにちょっと似てるかもwww」「なんか平手ちゃんに見えてきたわ」「ブッダというよりは染谷くんが似てるんだと思うけど…とにかく似てるわw」と同意の声が殺到。さらに、ひとひねりした展開に、「欅入れたか…今風 (笑)」「うまく原作アレンジしてるねw」といった原作ファンからのコメントも多く見受けられた。

ほか、「ブッダとイエスのできるかな」では、ろくろを使いこなそうと意気込むイエスと、その様子を見守るブッダを約2分に渡って台詞なしでみせる展開に「無音ww」「何この空気w」「じわじわくる」と反響が。「出前のシステム」では、「出前をとりたい」というイエスにブッダは「そもそも出前は他人を信用しないと成り立たないシステムで…」と約3分に渡って出前の不便さを力説するなど、原作のシュールさが細部にまで再現。「土曜の夜にちょうどいいドラマ」「来週も楽しみだわ」など、早くも次週の放送を期待する声が上がっている。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ