『ランティス祭り2019』、2日目は出演者たちの熱いアクトにフロアーも熱狂!

OKMusic

2019/6/23 11:30

音楽レーベル“ランティス”がファンへの感謝を込め、幕張メッセ 国際展示場 9~11ホールを舞台に、6月21日(金)~23日(日)の3日間にわたって開催している設立20周年の記念イベント『20th Anniversary Live ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG』。アニソンシンガーである歌姫が中心の演出で盛況を呈した初日を経て、2日目は小野大輔、鈴村健一、寺島拓馬、森久保祥太郎の『おれパラ』こと『Original Entertainment Paradise』のホストメンバーが揃い、さらにGRANRODEO、fhána、nano.RIPEといったバンド勢も名を連ねる。前日のイメージを一転し、繰り広げられるアクトは果たしてどのような賑わいを見せるのだろうか?

メインステージ開場前の9時30分。サテライトステージにDJ kevin from fhána×Shinnosuke (buzz★Vibes)×高橋 諒が登場し、TRIGGERやアイドルマスターミリオンライブ!、ZAQ のナンバーを次々とプレイ! 観客が詰め掛けたフロアーからは自然に掛け声が起こり、合いの手のところでジャンプしたりと、早くも熱気に満ちていた。その後も、JAM Projectが行なってきたラジオ番組『bayfm Starting STYLE!!~Countdown to Lantis matsuri~』の最終回の公開収録が行なわれ、緒方恵美が「ムーンライト伝説」(『アニメグ』Ver)をサプライズ歌唱した『声優グランプリ』のスペシャルトーク、TRUEがED主題歌第一弾「Another colony」、挿入歌「僕の中の君へ」を歌い届けたTVアニメ『転生したらスライムだった件』のスペシャルステージでファンを楽しませた。

2日目の一番手はfhána。まずは心地良い4つ打ちビートを刻む「divine intervention」で観客の心を早くも躍らせ、高揚感を蹴上げていく。電子音などさまざまな音を取り入れるサウンドと、towanaの伸びやかでクリアーな歌声のつり合い具合も見事だ。また、この日はアイカツフレンズ!が“全員揃うのは、今日が初めてなんです!”と総勢11名で「アイカツフレンズ!」(TVアニメ『アイカツフレンズ!』挿入歌)を披露したり、緒方恵美が自身も声優として出演するアニメのナンバーをカバーしたアルバム『アニメグ。』『アニメグ。25th』の収録楽曲から人気ナンバーをメドレー形式で歌うなど、数々のハイライトがあった。中でも、高橋 諒がVoid_Chordsを作るきっかけになったバンドを再結成させたONE III NOTESのステージや、小野大輔×鈴村健一×森久保祥太郎×寺島拓篤という『おれパラ』メンバー4人が集結して「United Flag」を歌ったシーンは、『ランティス祭り』だからこそのプレミアムな演出だと言えるだろう。

もちろん前述のfhánaをはじめ、バンド勢のライヴも熱い! nano.RIPEはスクリーンのTVアニメ『花咲くいろは』の映像に合わせて披露した、今の時期にぴったりなさわやかな「面影ワープ」で大合唱を誘い、エッヂの効いたギターとキャッチーなサビの対比が美しい「アザレア」でファンの心をがっちりと掴む。そして、2日目のトリを飾ったGRANRODEOは「modern strange cowboy」「セツナの愛」などの強力なナンバーを連発。熱くエネルギッシュな歌声を響かせるKISHOW&確かな演奏力でドラマチックなフレーズを聴かせるe-ZUKA。アニソン愛好家はもちろん、ロックリスナーも魅了してやまない、ふたりの圧巻のプレイは脱帽ものだ。

この日もアンコールでは出演者がステージに勢揃いした。“楽しくて忘れられない1日になりました!”“これからも一緒に歌い続けてくれますか?”“ランティス最高!”…それぞれの言葉で感想を述べたあと、『ランティス祭り2019』テーマソング「Starting STYLE!!」を、アレンジを手掛けた佐藤純一(fhána)のピアノが加わったバンドの伴奏で合唱して大団円。ステージ上の面々が交し合った歌声、浮かべた笑顔はまぶしく、さわやかな感動が会場いっぱいに広がっていったことも追記したい。

また、2日目と3日目はソールドアウトとなったため、幕張イベントホールにてライヴビューイングを実施。言うまでもなく人気曲ともなれば、サイリュウムが振られるのはもちろん、歓声をあげ、クラップやハイジャンプをしながら画面越しに合いの手を入れたりと、メインステージと変わらない盛り上がりを見せるのだった。

いよいよ残すは3日目の最終日。OLDCODEXで幕を開け、アイドルマスター ミリオンライブ!やSOS団from涼宮ハルヒの憂鬱、アイカツ!といった注目のステージ、さらにはLAZYやJAM Projectがどんなアクトを見せてくれるかにも期待が高まるばかり。

セットリスト

■fhána

1. divine intervention

2. 星屑のインターリュード

3. 青空のラプソディ

■Minami

1. Patria

2. Rumbling hearts

■北宇治カルテット

1. トゥッティ!

■たぴみる

1. モテないくせに(`;ω;´)

■アイカツフレンズ!

1. ひとりじゃない!

2. アイカツフレンズ!

■AiRI

1. Dreamer

■緒方恵美

1. 残酷な天使のテーゼ

2. 太陽がまた輝くとき

3. Moon Revenge

4. 僕を放て

■milktub

1. 有頂天人生

■nano.RIPE

1. 面影ワープ

2. アザレア

■伊藤かな恵

1. ユメ・ミル・ココロ

■新谷良子

1. MARCHING MONSTER

■小野賢章

1. ZERO

■森久保祥太郎

1. FOCUS

2. CHAIN REACTION

■新谷良子

1. スケッチスイッチ

■畑 亜貴、eufonius

1. 空耳ケーキ

■たぴみる

1. みっつ数えて大集合!

■bamboo、AiRI

1. ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C

■Void_Chords(高橋 諒)feat.MARU

1. The Other Side of the Wall

■ONE III NOTES

1. Shadow and Truth

■eufonius

1. リフレクティア

■畑 亜貴

1. 毀レ世カイ終ワレ

■小野大輔

1. ROSA ~Blue Ocean~

2. Endless happy world

■アイドルマスター SideM

1. MEET THE WORLD!

2. Reason!!

3. DRIVE A LIVE

■鈴村健一

1. My Life Summer Life

2. Go my rail

■アイドルマスター シャイニーカラーズ

1. Ambitious Eve

2. Spread the Wings!!

■畠中 祐

1. Fighting for...

■寺島拓篤

1. メグルモノ

2. Nameless Story

■小野大輔、鈴村健一、森久保祥太郎、寺島拓篤

1. United Flag

■GRANRODEO

1. modern strange cowboy

2. セツナの愛

3. Can Do

4. The Other self

<ENCORE>

■Line up

1. Starting STYLE!!2019

★レポートは『ランティス祭り2019』公式サイトでも公開中!
https://lantis.jp/20th/report.html

\n

当記事はOKMusicの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ