アンミカ先生のパリコレ学、世界的デザイナーが登場するも意識の低さが思わぬ事態に!

テレビドガッチ

2019/6/23 07:00

6月23日放送の『林先生の初耳学』(MBS/TBS系、毎週日曜22:00~)は、「アンミカ先生が教えるパリコレ学」で特別講師に世界的デザイナーが登場する。

全国から募集した選りすぐりの知識を、抜き打ちで林修先生に出題。物知りの林先生ですら知らなかったものを“初耳学”に認定する同番組。大政絢が初耳コンシェルジュを務めており、ゲストとして、emma、澤部佑(ハライチ)、高畑淳子、立川志らく、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、中島健人(Sexy Zone)が出演する。

「アンミカ先生が教えるパリコレ学」では、リンカーンやケネディなど歴代アメリカ大統領にも愛され、200年以上の歴史を持つアメリカを代表するブランド「ブルックス・ブラザーズ」の協力を得て、学院生たちに特別レッスンを行うことに。

今回特別講師として海外から迎えたのは、ブルックス・ブラザーズのレディース服全てのデザインを手がけているウィメンズ・クリエイティブディレクターのザック・ポーゼン氏。ザックはパリコレと並ぶ世界3大コレクションのひとつ、ニューヨーク・コレクションにも出展している世界のトップデザイナーだ。

今回行うのは、デザイナーに服を選んでもらい、本番さながらのショーを行う、パリコレに限りなく近い実戦形式のトレーニング。学院生たちのウォーキングや洋服の見せ方をザック自身が審査し、合否を伝えるというが、当初からアンミカが指摘していた二期生の意識の低さが思わぬ事態を呼ぶことに……。

一方、世の中が注目する最新情報や、身の回りに隠れた意外な知識も続々登場。一定額を払うことで、行列に並ばずに美味しいランチを手に入れられたり、一定額を払えば本格派スパイスカレーや高級フレンチが何度でも食べられることで話題の「定額制グルメ」を銀シャリがレポート。客にとっては使えば使うほどお得なグルメだが、店がどうやってやりくりをしているのかに迫る。

また、塩水を使って絵を描く世界で唯一のアーティストを紹介。“塩水アート”誕生にまつわるエピソードが明かされるとともに、立体感のある独特のタッチを生む驚きの制作工程を公開する。塩水アートの魅力にもつながっている、ある致命的な弱点とは?

さらに、現代文講師の林先生が絶対に間違えられないさまざまな“言葉の語源”に関する出題も登場する。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ