安田成美&中森明菜W主演ドラマ「素顔のままで」がBD&DVDで蘇る

dwango.jp news

2019/6/21 12:05


フジテレビが開局60周年を迎える本年、平成の時代に感動と衝撃を呼んだ名作ドラマがついにBlu-ray&DVDで蘇る。

シリーズ第一弾は、安田成美と中森明菜のダブル主演・北川悦吏子脚本で放送され社会現象を巻き起こした「素顔のままで」(Blu-ray&DVD 10月16日発売)と、ハリウッドでも映画化され世界中で貞子ブームを巻き起こした鈴木光司原作「リング」の連続ドラマ版で柳葉敏郎、長瀬智也、黒木瞳出演の「リング~最終章~」(Blu-ray&DVD 11月6日発売)だ。

1992年4月クールにフジテレビ系「月9」枠で放送され平均視聴率26.4%、最終回は最高視聴率31.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した「素顔のままで」は、25歳の女同士の友情を描いた物語。性格も育ちも正反対な優美子(安田成美)とカンナ(中森明菜)がひょんなことから同居生活を始め、お互いに新しい自分を発見し成長していくストーリー。米米CLUBによる主題歌/挿入歌『君がいるだけで/愛してる』(ソニーレコード)も大流行し、CD売上枚数初動が当時歴代最高の92.5万枚を記録(オリコン調べ)、同年のオリコン年間シングルチャート1位に輝いた。同年第34回日本レコード大賞ポップス・ロック部門大賞も受賞し、ドラマと共に大きな社会現象となった。

1999年1月クールにフジテレビ系「木曜劇場」で放送された「リング~最終章~」は、ジャパニーズホラーブームの火付け役・鈴木光司原作「リング」の連続ドラマ化作品。極限状態での愛をテーマに、見た者を13日以内に呪い殺す「呪いのビデオ」の恐怖が描かれ日本中を震え上がらせた問題作。自身の姪を含む4人の若者の死を調査する主人公・浅川和行役を柳葉敏郎、文化人類学者の高山竜司役を長瀬智也、病理学者を黒木瞳が演じ、最高視聴率21.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど話題を呼んだ。

今回のリリースにあたり、早期購入者特典としてそれぞれオリジナルクリアファイルが付くことも決定している。フジテレビ平成の名作ドラマ初Blu-ray&DVD化シリーズ第二弾の予定もあるとのことなので続報を待とう。

■「素顔のままで」
2019年10月16日発売
Blu-ray BOX(4枚組) PCXC.60091 ¥28,200(本体)+税
DVD-BOX(4枚組) PCBC.61782 ¥22,800(本体)+税
ビデオ企画・発売元:フジテレビジョン 
販売元:ポニーキャニオン 
(C)1992フジテレビ

■「リング~最終章~」
2019年11月6日発売
Blu-ray BOX(4枚組) PCXC.60092 ¥28,200(本体)+税
DVD-BOX(4枚組) PCBC.61783 ¥22,800(本体)+税
発売元:フジテレビジョン 
販売元:ポニーキャニオン 
(C)1999フジテレビ/共同テレビ

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ