ストーカー被害公表で「崎谷健次郎にも責任がある」の声に、三浦瑠麗氏「男女で価値観を入れ替えてはダメ」

シンガーソングライターで音楽プロデューサーの崎谷健次郎が27年間にわたりストーカー被害を受けていたことについて、フジテレビ系『情報プレゼンター とくダネ!』が特集した。この件でインタビューに応じた崎谷は、元妻の知人だった相手の女性に好意は持っていなかったが一度だけ「間違いがあった」と告白。するとネット上では「きっかけは愛がないのに男女の関係を持ったせいじゃないですかー」、「一度関係を持った相手を都合が悪くなったらストーカー扱い?」、「クズ男の勝手な言い分に腹立った」と非難の声があがっている。

1987年に『思いがけないSITUATION』でデビューし、同年にリリースした『もう一度夜を止めて』がトレンディドラマの挿入歌に起用されるヒット作を持つ崎谷健次郎。当時のブラックミュージック、ダンスミュージックに強く影響を受けたシンガーソングライターの一人でもある。また斉藤由貴や柴咲コウ、高橋真梨子など大勢のアーティストのプロデュースを手掛けてきた実力者だ。

20日放送の『とくダネ!』では崎谷のインタビューがVTRで流され、6月12日にストーカー規制法違反と名誉毀損で警視庁に逮捕された容疑者女性から27年間に受けた被害の詳細が明かされた。それによると容疑者と初めて会ったのは1991年、NYにレコーディングに行った時で元妻からの紹介だったという。その後、容疑者は崎谷が滞在しているホテルを訪ねて2人きりになり関係を持ったが、崎谷は彼女に対しての愛情は無かった。それからストーカー行為が始まったそうで、女性は崎谷の曲の中に“自分へのメッセージがある”と思い込むようになる。1993年にはライブ中にステージに上がり婚姻届を渡したり、ライブへの出入りが禁止されると事務所に手紙やメールが送られてくるようになった。その中には、自分の血で「崎谷に会わせなさい」と書いた手紙もあったという。もちろんこの間は事務所スタッフらが彼女にストーカー行為を止めるよう警告してきたが、2017年頃からつきまとい行為がさらにエスカレートしたことから、2018年に崎谷は被害届を提出する事態になった。

同番組MCの小倉智昭は、ラジオのパーソナリティを務めていた時代に何人かのファンから度を超えた行為があったと告白する。しかし崎谷のように男女の関係はなかったと言い、「この人の場合はスタートがちょっと良くないよね」とやんわりと批判した。

だが、コメンテーターの国際政治学者・三浦瑠麗氏は「男女が逆転したとして考えてほしい」と持論を展開。女性側が「一回関係を持ったが、性格的にも脅されたりしてもう嫌だ」と拒絶した後に男性からつきまとわれれば世間は同情するだろうが、それは27年前の考え方で、最近は「男女で価値観を入れ替えてはダメになっている」と話す。容疑者が“でも寝たでしょ? 私に責任持ってよ”“有名人だから遊ばれた”という被害妄想を抱き続けてきたと三浦氏は想像するも、結婚は両方の意思がないとできないので「(容疑者も)辛いだろうがどこかで気持ちを入れ替えないといけない」と結論付けた。

三浦瑠麗氏と言えば、5月に出版した自叙伝にて14歳で受けた性的被害を告白していた。当時は「どうしたらいいかわからない状況だった。恐怖を追体験しないため、死んでしまった方がいいんじゃないかと悩んだ」というが、その後の人生の中で「責任と原因・結果のつながりを分けて考える」ことを学んだそうだ。今回のストーカー事件の容疑者は近々釈放されるとのことだが、新しい生き方を見つけて欲しいものだ。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ