『関ジャニ』解散は決定的? ジャニーズが後継者ゴリ押しで信憑性MAX!

まいじつ

2019/6/20 10:30

関ジャニ∞ 
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

6月16日、『東京スポーツ』のウェブ版『東スポWeb』が、「『関ジャニ∞』が〝存続の危機〟を迎えているのでは?」との情報を拡散した。

今や『嵐』に次ぐ人気を誇る「関ジャニ」に暗雲が立ち込めてきたのは昨年4月。メインボーカルの渋谷すばるがグループ脱退と事務所退所を表明し、7月からは残されたメンバー6人での再スタートを切る形となった。また、今年3月には『週刊文春』が、エース的存在である錦戸亮の脱退説を掲載。記事によると錦戸は渋谷脱退に伴う解散を強く主張しており、グループ存続を求めるメンバーと溝が生じていたのだという。

今回「東スポ」が報じたのは、こちらもグループ内で高い人気を誇る大倉忠義の脱退説。大倉は昨年、ファン向けの有料ブログで悪質ファンからのストーカー行為に悩まされていることを明かし、《普通の人に戻る方がよっぽど楽だろう。そろそろ限界だ》などと、引退をにじませるコメントを残していることから、「東スポ」は〝脱退の意向は堅い〟と見ているそうだ。

『ジャニーズWEST』『なにわ男子』が次代を担う存在に?


各報道機関からさまざまな憶測が乱れ飛ぶ中、この夏にデビュー15周年を記念した5大ドームツアーを行う「関ジャニ」。ツアーが終了する9月までは現行の形が維持されることが確約されているが、次々と良からぬウワサが出ていては、ファンの心中も穏やかではないだろう。果たして、「関ジャニ」の今後はどうなるのだろうか。

「各報道をベースに今後の予想をすると、錦戸・大倉が脱退すればグループは解散の方向へ行かざるを得ないでしょうね。残りのメンバーが事務所に残るのなら、村上信五は司会、安田章大は楽曲提供、横山裕は関西ジャニーズJr.の育成・プロデュース、丸山隆平はタレント・創作活動とそれぞれの得意分野に分かれていくでしょう」(ジャニーズウオッチャー)

しかし、これらはあくまで各報道を事実とした上での話。前提となる情報がデマや誇張の可能性もあるわけだが、そもそも〝解散〟の可能性は――。

「かなりあると見ていいでしょう。昨年来の動きを見ると、関西Jr.の『なにわ男子』が結成直後から、まるでデビューしたかのように仕事をもらっていたり、『ジャニーズWEST』がデビュー5周年にしてようやくプライムタイムドラマの主題歌に起用されたりと、事務所が関西グループの売り出しに本腰を入れ始めた感が強い。特に『なにわ男子』の猛プッシュはファンの間でも疑問視されるほどでしたが、これらは事務所が『関ジャニ』の解散を見据えて次世代の関西グループを世に出そうとしていると考えればつじつまが合います」(同・ウオッチャー)

とはいえ、事務所やメンバーから公式な声明はいまだ出されていない。確定情報を待つファンにとって、生殺しのつらい時期はまだまだ続きそうだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ