小栗旬の見たことのない表情が炸裂!映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』衝撃の予告編が桜桃忌に解禁




小栗旬が天才作家・太宰治を演じる映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』(9月13日公開予定)の本ビジュアル&衝撃の予告編映像が、太宰の誕生日で遺体が発見された日でもある6月19日の「桜桃忌」に解禁された。

蜷川実花監督がメガホンをとる同作は、太宰のベストセラー『人間失格』の誕生秘話を、太宰と彼を取り巻く3人の女を中心に「実話を基にしたフィクション」として描く。宮沢りえが太宰の妻・美知子、沢尻エリカが作家志望の愛人・静子、二階堂ふみが太宰の最後の女・富栄を演じ、豪華女優陣の競演も話題となっている。

解禁された予告編映像では、冒頭から小栗演じる太宰が愛人の富栄に愛をささやくなど危ない色男ぶりが炸裂。「お父さんは天才」と子供たちに語りかける正妻の美知子、「愛されない妻より、ずっと恋される愛人でいたい」と太宰に抱かれる静子、「死にたいんです、一緒に」と笑顔で太宰に迫る富栄が登場し、女たちと太宰のスキャンダラスな関係性が浮かび上がる。



さらに、不倫を続ける太宰に詰め寄る編集者・佐倉(成田凌)や、「地獄に堕ちて書いてるか?」と悪魔のように太宰を挑発する同志の作家・坂口安吾(藤原竜也)ら豪華男性キャスト陣も登場。次第に狂気を帯びながら苦悩し、執筆と格闘するスター作家・太宰を演じる小栗旬の、いまだかつて見たことのない様々な表情に心奪われる予告編となっている。

また、同作の主題歌に東京スカパラダイスオーケストラの名曲「カナリヤ鳴く空 feat.チバユウスケ」が決定。2001年にリリースされた楽曲だが、映画の構想初期からこの曲をイメージしていたという蜷川監督の熱烈オファーによって主題歌に決まった。

小栗旬が主演する映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は9月13日公開予定です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ