小栗旬 危うい色男ぶりが炸裂、3人の女たちとスキャンダラスな関係が垣間見れる予告編公開

dwango.jp news

2019/6/19 07:08


俳優の小栗旬と監督の蜷川実花がタッグを組むことで話題の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(9月13日公開)。本作の本ビジュアルと予告編映像が、太宰治を偲ぶ「桜桃忌」である本日解禁となった。



天才作家・太宰治(小栗旬)と、その妻・美知子(宮沢りえ)、作家志望の愛人・静子(沢尻エリカ)、太宰の最後の愛人・富栄(二階堂ふみ)の、太宰を愛する 3 人の女たちの実話をもとにした本作。今回解禁された予告編では、冒頭から、小栗演じる太宰が愛人の富栄に愛をささやくなど、太宰の危うい色男ぶりが炸裂している。「お父さんは天才」と子供たちに語りかける妻の美知子、「愛されない妻より、ずっと恋される愛人でいたい」と太宰に抱かれる静子、「死にたいんです、一緒に」と刹那的な笑顔で太宰に迫る富栄が次々と登場し、3人の女たちと太宰のスキャンダラスな関係性が垣間見える。

先日解禁となった成田凌千葉雄大、瀬戸康史、高良健吾、藤原竜也といった豪華男性キャスト陣も、今回の映像で初披露。「書くためならなんでもやる」と陰口を叩かれ不倫を続ける太宰に詰め寄る編集者・佐倉(成田凌)や、「地獄に堕ちて書いてるか?」と悪魔のように太宰を挑発する同志の作家・坂口安吾(藤原竜也)の姿も気迫に満ちている。女たちとの濃密な逢瀬の間で、次第に狂気を帯びながら苦悩し、執筆と格闘するスター作家・太宰を演じる小栗旬の、いまだかつて見たことのない様々な表情に心奪われる予告編となっている。

太宰が“全部ぶっ壊して書く”「人間失格」とは。そして、スキャンダラスな恋の向こう側で、太宰が本当に求めていたものとは…。超豪華キャストが競演する鮮やかな世界から目が離せない。

さらに、本作の主題歌が2001 年にリリースされた東京スカパラダイスオーケストラの名曲『カナリヤ鳴く空 feat.チバユウスケ』(cutting edge / JUSTA RECORD)に決定したことも発表された。構想初期からこの曲をイメージしていたという蜷川監督の熱烈オファーに応え、主題歌に決定した。

(C) 2019 『人間失格』製作委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ