マツコ出演の『路線バスで寄り道の旅』が高視聴率 田中律子にお祝いの花束届く

16日放送の『路線バスで寄り道の旅』“2019夏 マツコ・デラックスと一緒に!ミッツ&佳菜子も…東京下町珍道中SP”(テレビ朝日系)の平均視聴率が15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。これを受けて、同番組でレギュラーナビゲーターを務める田中律子はインスタグラムで「#みなさんのおかげです」「#いつもありがとう」と感謝の気持ちを伝えている。

同時間帯は、日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』とテレビ朝日系『ポツンと一軒家』が視聴率のトップ争いを繰り広げている。そこに今回はマツコ・デラックスをゲストに迎えた『路線バスで寄り道の旅』の特番が放送され、15.0%と高視聴率をマークした。『世界の果てまでイッテQ!』(14.9%)を僅かに上回ったのだ。

『路線バスで寄り道の旅』が高視聴率だったことで、17日の『田中律子 ri2kotanaka Instagram』では「今朝、テレビ朝日から、こーんな大きなお祝いのお花まで」とその写真を公開している。そして、これからも徳光和夫や大好きな番組スタッフと共に「バス旅を続けていきたいと思います」と明かした。

コメント欄には「いつも楽しく拝見しております」「老若男女に愛されてる番組ですね。長寿番組になりますように」「気の抜けた感じが安心して見られる」という番組ファンの声や、「競艇のところが一番面白かった!」「またマツコさんをゲストに呼んで下さい」といった感想も見受けられる。やはりマツコ・デラックスの出演が高視聴率に繋がったようだ。

画像2、3枚目は『田中律子 2019年6月17日付Instagram「昨日放送の、テレビ朝日『路線バスで寄り道の旅SP』ゴールデンタイムでの放送が、なんと視聴率15%」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ